コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩守 サツマノカミ

デジタル大辞泉の解説

さつま‐の‐かみ【×薩摩守】


薩摩国の長官。特に、平忠度(たいらのただのり)をさすことが多い。
《「薩摩守忠度(ただのり)」を「ただ乗り」にもじって》乗り物に無賃で乗ること。また、その人。ただのり。「薩摩守を決め込む」
狂言。神崎の渡し守秀句好きと教えられた出家が、「平家公達(きんだち)薩摩守忠度(ただのり)」とい句でただ乗りを試みるが、肝心の「忠度」という部分を忘れて失敗する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さつまのかみ【薩摩守】

狂言の曲名。出家狂言。大蔵,和泉両派にある。住吉の天王寺参詣を志す僧が,摂津の国神崎の渡し場の近くまで来る。茶屋で休息し,代金を払わずに出て行こうとし,亭主にとがめられる。が,真実無一文と知って亭主は同情し,この先の神崎の渡し守は秀句(洒落)好きなので,船にただ乗りできる秀句を教えようといい,まず〈平家の公達〉と言って,その心はと問われたら〈薩摩守忠度(ただのり)〉と答えよと知恵を授ける。さて,船に乗り船賃を要求された僧は,教えられたとおり〈平家の公達〉といい,秀句らしいと気づいた渡し守が〈その心は〉と喜んで問うと,〈薩摩守〉までは答えたが,〈忠度〉を忘れて苦しまぎれに〈青海苔(あおのり)の引き干し〉と答えて叱責される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さつまのかみ【薩摩守】

狂言の一。旅の僧が、渡しで、「薩摩守忠度ただのり」と秀句を言って無賃で川を渡ろうとはかるが、言い損なって失敗するというもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩摩守
さつまのかみ

狂言の曲名。出家狂言。上方(かみがた)見物にやってきた僧(シテ)が、住吉天王寺へ行こうと神崎の渡しに差しかかり、茶屋に入るが無一文。亭主の施しで茶をふるまわれたうえ、渡し守は秀句好きだからと、ただで舟に乗る方法まで教わる。僧は船頭の趣味心をくすぐりながら、まんまと向こう岸にたどり着き、いざ舟銭がわりの秀句をいう段になって、肝心の「舟銭は薩摩守、つまり平忠度(ただのり)(ただ乗り)」という落ちを忘れてしまい、恥をかく。中世のころ、僧侶(そうりょ)は身に寸銭なくても旅ができたという。宗教者への施しが自分自身の極楽往生につながると考えられていたからである。とても極楽につながるとは思えない僧侶も出没したが、そのような世相の一こまを、鋭い庶民感覚で取り上げている。平家の武将で薩摩守であった平忠度を「ただ乗り」にかけて、「薩摩守」の語が古くから使われている。[油谷光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

薩摩守の関連キーワード言い掛け・言掛け須磨都源平躑躅大悲千禄本東儀 季芳一谷嫩軍記島津重豪阿蘇惟時島津貞久大伴家持鳥居忠政松平忠吉南部信光してまた島津光久佐田親景島津斉宣薩摩の守延沢城平親継鵜沼城

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android