コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おまん源五兵衛物 おまんげんごべえもの

1件 の用語解説(おまん源五兵衛物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おまんげんごべえもの【おまん源五兵衛物】

近世歌謡,人形浄瑠璃歌舞伎狂言の一系統。近世初期,薩摩の侍源五兵衛とおまんの情話を歌う歌謡が,〈高い山から谷底見ればおまん可愛や布さらす〉を原歌とする源五兵衛節として流行し,それによって井原西鶴浮世草子好色五人女》巻五に〈恋の山源五兵衛物語〉を書き,近松門左衛門浄瑠璃薩摩歌》を作ったので,これをうけて源五兵衛・三五兵衛・おまんが主人公となる戯曲が生まれた。吉田冠子らの合作浄瑠璃《薩摩歌妓鑑(さつまうたげいこかがみ)》(1757)は《薩摩歌》を利用したお家騒動物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のおまん源五兵衛物の言及

【鳥辺山】より

…邦楽の曲名。鳥辺山(鳥辺野)で心中する男女,源五兵衛・おまんを扱った俗謡が近世初期に流行したが,この2人を主人公とする浄瑠璃や歌舞伎狂言(おまん源五兵衛物),あるいはこの状況を用いた歌舞伎や邦楽が作られている。(1)地歌 近松門左衛門作詞,湖出金四郎作曲,岡崎検校(1684‐1753)改調。…

※「おまん源五兵衛物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

おまん源五兵衛物の関連キーワード隅田川物操り狂言書替狂言歌舞伎狂言義太夫狂言狂言浄瑠璃佐倉義民伝浄瑠璃狂言本行物淡路人形浄瑠璃

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone