コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お妻・八郎兵衛 おつま・はちろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お妻・八郎兵衛 おつま・はちろべえ

歌舞伎,浄瑠璃(じょうるり)の登場人物。
古着屋八郎兵衛は女房お妻にいつわりの愛想づかしをされ殺してしまうが,あとで本心を知って自害する。元禄(げんろく)(1688-1704)のころ大坂でおきた事件をもとに脚色された。今日「桜鍔恨鮫鞘(さくらつばうらみのさめざや)」の外題でのこっている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android