コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜鍔恨鮫鞘 さくらつばうらみのさめざや

2件 の用語解説(桜鍔恨鮫鞘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さくらつばうらみのさめざや【桜鍔恨鮫鞘】

人形浄瑠璃世話物。別題《裙重(つまがさね)恨鮫鞘》,通称《鰻谷(うなぎだに)》《お妻八郎兵衛》。古手屋(古物商)八郎兵衛のお妻殺し(四つ橋娘殺し)は,1702年(元禄15)7月に起こり,すぐさま歌舞伎に仕組まれて大坂で上演されている。その後,64年(明和1)8月大坂三枡大五郎座(中の芝居)で歌舞伎狂言《文月恨切子》が上演された。これは同年に起こった大坂坂町の遊女若野殺しをお妻殺しにはめた作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜鍔恨鮫鞘
さくらつばうらみのさめざや

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。段数・作者未詳。1773年(安永2)大坂初演といわれる。通称「お妻八郎兵衛(はちろべえ)」「鰻谷(うなぎたに)」。元禄(げんろく)・宝永(ほうえい)(1688~1711)ごろから歌祭文(うたざいもん)や踊口説(おどりくどき)に扱われ、その後も浄瑠璃、歌舞伎(かぶき)に脚色されてきたお妻八郎兵衛の話を、お妻を前作のような遊女や芸妓(げいぎ)でなく八郎兵衛の女房として描いたもので、八民(やたみ)平七作、1769年(明和6)2月竹本座初演の『裙重浪花八文字(つまかさねなにわはちもんじ)』の改作。大坂の下町鰻谷に住む古手屋(ふるてや)(古物商)八郎兵衛は主家のため金の調達に苦心し、それと知った女房お妻は母と相談して、香具師(やし)弥兵衛(やへえ)に身を任せて金をつくり、夫に愛想づかしをする。家を突き出された八郎兵衛は怒りに堪えかね、お妻と姑(しゅうと)を殺すが、娘のお半が母から教えられて述べる書置きにより真意を知る。無筆のお妻が幼い娘に口述して遺書を覚えさせるという暗い設定が異色。歌舞伎では明治に11世片岡仁左衛門(にざえもん)が復活、八郎兵衛の辛抱立役(しんぼうたちやく)的な演技を眼目に、その家の芸として現代に伝わっている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜鍔恨鮫鞘の関連キーワード景事豊竹座人形浄瑠璃操り浄瑠璃時代世話浄瑠璃狂言浄瑠璃座世話浄瑠璃淡路人形浄瑠璃内海繁太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜鍔恨鮫鞘の関連情報