コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お杉お玉 オスギオタマ

デジタル大辞泉の解説

おすぎ‐おたま【お杉お玉】

江戸時代、伊勢神宮の内宮(ないくう)と外宮(げくう)の中間の間(あい)の山に小屋掛けし、三味線・胡弓(こきゅう)などを弾いて歌い、旅人からをもらっていた女芸人。→間(あい)の山節

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おすぎおたま【お杉お玉】

江戸時代、伊勢神宮で間あいの山節を演奏する二人の女芸人が、代々名乗った芸名。客の投げつける銭を、巧みに避けながら演じるので有名だった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

お杉お玉の関連キーワード山村 耕花江戸時代間の山節あい代々芸名

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android