コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間の山節 アイノヤマブシ

4件 の用語解説(間の山節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あいのやま‐ぶし〔あひのやま‐〕【間の山節】

江戸時代、間の山で、代々、お杉・お玉と名のる女性が簓(ささら)三味線に合わせて歌った俗謡。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あいのやまぶし【間の山節】

近世の民間の門付芸(かどづけげい)としてうたわれた唄。〈間の山〉は伊勢の内宮と外宮の間にある尾部坂(おべざか)という坂道のことで,往時ささらをすりながらあわれな唄をうたって喜捨を請う女芸人がいたと伝えており,お杉・お玉という2人の美人が,客の投銭を撥(ばち)で受けとめる芸をしたという。おそらく《間の山節》をうたって歩いた門付の女芸人の姿の印象がお杉・お玉という固有名詞をもつ人物を生み出したのであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あいのやまぶし【間の山節】

俗謡の一。伊勢間の山の道筋で、寛文・延宝(1661~1681)頃より、お杉・お玉と名乗る女芸人が三味線・簓ささらに合わせて唄い出したもの。伊勢節。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間の山節
あいのやまぶし

三重県伊勢(いせ)市の花柳界で、芸妓(げいぎ)たちがお座敷唄(うた)として歌ってきた唄。源流は不明であるが、江戸時代後期の端唄(はうた)に、『宮参り』があり、「伊勢に宇治橋内宮外宮(ないくうげくう) 八十末社の宮雀(みやすずめ) お杉お玉に相の山から 島さん紺さん花色さん 岩方さんへは道続き 二見浦(ふたみがうら)には朝熊山(あさまやま) 鸚鵡石(おうむせき) 磯辺比丘尼(いそべびくに)だか 太々神楽(だいだいかぐら)にこれらもし 投げさんせ」といった歌詞のものであった。その『宮参り』が、外宮から内宮へ通じる間の山に小屋掛けした大道芸人たちの「お杉、お玉」(どの大道芸人もこの名でよばれる)らによって盛んに歌われるに及んで、『間の山節』の名が生まれた。そしてこれがのち諸国へ広まって、伊予化したものが『伊予節』となった。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間の山節の関連情報