コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(読み)ワシ

デジタル大辞泉の解説

わし【×鷲】

タカ目の鳥のうち、大形のものの総称。翼が大きくて風に乗って飛び、くちばし・つめは先が曲がって鋭く、小獣・鳥・魚などを捕食する。イヌワシオオワシオジロワシなど。 冬》「大いなる古創顔にこれの―/誓子
[補説]書名別項。→

わし【鷲】[書名]

川田順歌集昭和15年(1940)刊。本作と翌年刊行の歌文集「国初聖蹟歌」により、昭和17年(1942)、第1回帝国芸術院賞(現、日本芸術院賞)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わし【鷲】

タカ目タカ科の鳥のうち、大形のものの呼称。強大な翼と、鋭く曲がったくちばしと爪つめをもち、鳥獣を捕食する。日本にはイヌワシ・オジロワシ・オオワシ・カンムリワシなどがいる。いずれも生息数が少ない。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鷲 (ワシ)

動物。タカ目のうち,大形で強力な鳥の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鷲の関連情報