コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かき餅(欠餅) かきもち

1件 の用語解説(かき餅(欠餅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かきもち【かき餅(欠餅)】

正月の鏡餅をかいたり砕いたりしたもの。のちには,ナマコ形などにつくった餅を薄く切ったものをもこの名で呼ぶようになった。同じ餅を小さなさいの目に切ったのが霰餅(あられもち∥あられ)で,江戸時代初頭にははじめからかき餅や霰餅にするための餅をつくる風が定着していた。《雍州(ようしゆう)府志》によれば,京都円山の安養寺,双林寺などでつくるものは〈円山欠餅(まるやまかきもち)〉として著名であった。それは厳冬の間に餅をつき,半乾きになったところで薄く切って陰干しにしたもので,名物として遠方へも送られたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

かき餅(欠餅)の関連キーワードイタリックイタリアン此れはしたり再開二十日正月堅餅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone