コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かき餅(欠餅) かきもち

世界大百科事典 第2版の解説

かきもち【かき餅(欠餅)】

正月の鏡餅をかいたり砕いたりしたもの。のちには,ナマコ形などにつくった餅を薄く切ったものをもこの名で呼ぶようになった。同じ餅を小さなさいの目に切ったのが霰餅(あられもち∥あられ)で,江戸時代初頭にははじめからかき餅や霰餅にするための餅をつくる風が定着していた。《雍州(ようしゆう)府志》によれば,京都円山の安養寺双林寺などでつくるものは〈円山欠餅(まるやまかきもち)〉として著名であった。それは厳冬の間に餅をつき,半乾きになったところで薄く切って陰干しにしたもので,名物として遠方へも送られたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報