コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かっぺた織 かっぺたおり

1件 の用語解説(かっぺた織の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かっぺたおり【かっぺた織】

伊豆諸島の八丈島に伝わる織技で,経糸(たていと)によって文様が織りだされる二重組織の紋織物。機(はた)は機台のない素朴な〈いざり機〉が用いられる。機の機構は,まず2色交互に整経された経糸の束の一端を柱などに縛って固定し,次にこの糸を綾をとって上下に二分する。そしてさらに中筒によって上糸1,中糸2,下糸1の割合で上中下の三つに分ける。色も上糸,下糸が1色で,中糸が2色。上中下に分けられた経糸の上側と下側に最も多い場合で五つずつ合計10個の綜絖(そうこう)がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

かっぺた織の関連キーワード伊豆七島伊豆諸島鳥島八丈島八丈桑伊豆小笠原海溝八丈島東方沖地震消滅危機言語島の華沖山権蔵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone