コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かっぺた織 かっぺたおり

世界大百科事典 第2版の解説

かっぺたおり【かっぺた織】

伊豆諸島の八丈島に伝わる織技で,経糸(たていと)によって文様が織りだされる二重組織の紋織物。機(はた)は機台のない素朴な〈いざり機〉が用いられる。機の機構は,まず2色交互に整経された経糸の束の一端を柱などに縛って固定し,次にこの糸を綾をとって上下に二分する。そしてさらに中筒によって上糸1,中糸2,下糸1の割合で上中下の三つに分ける。色も上糸,下糸が1色で,中糸が2色。上中下に分けられた経糸の上側と下側に最も多い場合で五つずつ合計10個の綜絖(そうこう)がつく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android