かつて人間だった人々(読み)かつてにんげんだったひとびと(英語表記)Byvshie lyudi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かつて人間だった人々
かつてにんげんだったひとびと
Byvshie lyudi

M.ゴーリキーの小説。 1897年発表。かつて人間であったものが,現在は人間でなくなっているという,世紀末下層階級の出口のない貧しい生活をリアリスチックに表現し,人間らしい生活をおくることを許さぬ現実を告発している。人間の自由への渇望が鳴り響く,作者の初期の代表作

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android