渇望(読み)カツボウ

デジタル大辞泉の解説

かつ‐ぼう〔‐バウ〕【渇望】

[名](スル)のどが渇いたとき水を欲するように、心から望むこと。切望。熱望。「優秀な人材を渇望する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かつ‐ぼう ‥バウ【渇望】

〘名〙 のどがかわいて水を欲するように、切実に希望すること。心から望むこと。切望。熱望。
※菅家文草(900頃)六・敬奉和左大将軍扈従太上皇、舟行有感貝寄之口号「無限恩涯知止足、何因渇望水心清」
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉七「是より忍びやかに、呼吸をなして、只管(ひたすら)時の経過(たつ)を渇望(カツボウ)しぬ」 〔范成大‐洪内翰使還入境、以詩連之詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報