コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんこ船 かんこぶね

1件 の用語解説(かんこ船の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんこぶね【かんこ船】

北陸・山陰海岸に多い小型漁船。瀬戸内や九州の北西部にも少しは見られた。多くは矧(はぎ)板の5枚仕立てで,長さ7~8m,肩幅1.2m程度のもの。手漕ぎで,帆はもたない。〈かんこ〉の語義は明らかでない。西日本の太平洋岸には漁船の〈いけま〉の部分を〈かんこ〉といっているところがあり,また三陸海岸には,小型の刳(くり)船を〈かっこ船〉といっていた例もある。【石塚 尊俊】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

かんこ船の関連キーワード牛窓浦富海岸山陰海岸国立公園瀬戸内海瀬戸内市親船川崎船瀬戸内入浜瀬戸内法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone