かんこ船(読み)かんこぶね

世界大百科事典 第2版の解説

かんこぶね【かんこ船】

北陸・山陰海岸に多い小型漁船。瀬戸内や九州の北西部にも少しは見られた。多くは矧(はぎ)板の5枚仕立てで,長さ7~8m,肩幅1.2m程度のもの。手漕ぎで,帆はもたない。〈かんこ〉の語義は明らかでない。西日本の太平洋岸には漁船の〈いけま〉の部分を〈かんこ〉といっているところがあり,また三陸海岸には,小型の刳(くり)船を〈かっこ船〉といっていた例もある。【石塚 尊俊】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android