かんこ船(読み)かんこぶね

世界大百科事典 第2版の解説

かんこぶね【かんこ船】

北陸・山陰海岸に多い小型漁船。瀬戸内や九州の北西部にも少しは見られた。多くは矧(はぎ)板の5枚仕立てで,長さ7~8m,肩幅1.2m程度のもの。手漕ぎで,帆はもたない。〈かんこ〉の語義は明らかでない。西日本の太平洋岸には漁船の〈いけま〉の部分を〈かんこ〉といっているところがあり,また三陸海岸には,小型の刳(くり)船を〈かっこ船〉といっていた例もある。【石塚 尊俊】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんこ‐ぶね【かんこ船】

〘名〙 船底の平らな箱造り構造の小船の俗称。北陸、山陰、四国、九州西海岸に分布し、磯物採りやイカ釣りに用いられたが、今日でもワカメ採集などの小船に使われている。また、本船に搭載する箱造り伝馬のことをもいう。かんこ。〔和漢船用集(1766)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android