かんむり座(冠座)(読み)かんむりざ(英語表記)Coronae Borealis

世界大百科事典 第2版の解説

かんむりざ【かんむり座(冠座) Coronae Borealis】

略号CrB。北天の小星座。7個の星が王冠を連想させる美しい半円形に並びひと目でそれとわかる。α星はゲンマ(真珠)とも呼ばれる。アラビア名はアルフェカで欠け皿の意味である。明るさは2.3等,スペクトル型A0のクリーム色の星である。望遠鏡での観測では,この星は分光連星でアルゴル型の変光星であるが,明るさはほとんど変化しないので肉眼ではわからない。日本ではこの星は初夏の天頂に昇りつめるが,〈太鼓星〉〈へっつい星〉〈長者かまど〉〈鬼のかま〉などの和名がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android