コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんむり座 かんむりざCorona Borealis

翻訳|Corona Borealis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かんむり座
かんむりざ
Corona Borealis

冠座。概略位置は赤経 15時 40分,赤緯 30°。7月の宵に南中する北天星座北冠 (きたのかんむり) ともいう。主星ゲンマ (真珠) で 2.2等星。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かんむり座
かんむりざ / 冠座

初夏のころ、ほぼ天頂に見える星座。数個の星がくるりと小さな半円形を描いており、王冠のイメージは連想しやすい。いて座の南に「南のかんむり座」があるため、正式には「北のかんむり座」という。ギリシア神話では、酒神ディオニソスがクレタ島の王女アリアドネに贈った美しい宝冠とされている。日本でも半円形のカーブは親しまれていて「鬼の釜(かま)」「長者の釜」「首飾り星」などの名が伝えられている。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

かんむり座の関連キーワードみなみのかんむり座(南冠座)みなみのかんむり座トレミー星座水素欠乏星変光星雲カンムリ藤井車星冠座

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かんむり座の関連情報