がまぐち(蝦蟇口)(読み)がまぐち

世界大百科事典 第2版の解説

がまぐち【がまぐち(蝦蟇口)】

口金のついた袋物の総称古くは小銭入れに巾着を用いていたが,明治初年に輸入ドル入れを模してがまぐちが考案された。口金ガマ(蝦蟇)の口のように開くところから〈がまぐち〉の名がついたもので,初期には蝦蟇巾着西洋胴乱と呼ばれ,肩にかけたり,腰に下げたりした。《東京繁昌記》(1873)に,〈とんびの躱(かくし)よりがま口を取り出しながら,つけを見せなと催促す〉とあり,そのころには一般的となっていたことがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる