コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がんの自覚症状 がんのじかくしょうじょう

1件 の用語解説(がんの自覚症状の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がんのじかくしょうじょう【がんの自覚症状】

 がんでは、ほとんどの場合初期症状がないのが特徴ですが、ふとしたことでからだの異常に気づいて検査を受け、発見されることもあります。
 日本対がん協会では、がんの自覚症状について、一応の目安となる項目を、つぎのように定めています。
胃がん
 胸やけやもたれなど胃のぐあいが悪く、食べ物の好みが変わってくる。
食道がん
 食べ物や水を飲み込むとき胸につかえる感じ。
大腸がん直腸がん
 便秘と下痢(げり)をくり返し、便に血液や粘液(ねんえき)がまじったりする。
肺がん・喉頭(こうとう)がん
 せきが長引き、たんに血がまじる。
■舌(ぜつ)がん・皮膚がん
 できものがいつまでも治らない。
■子宮(しきゅう)がん
 帯下(たいげ)(おりもの)や不正性器出血がある。
乳がん
 乳房のしこり
■腎(じん)がん・膀胱(ぼうこう)がん・前立腺(ぜんりつせん)がん
 尿の出が悪くなったり、尿に血がまじったりする。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

がんの自覚症状の関連キーワード直腸癌乱視劇症肝炎唇裂耳鳴り肝機能障害図がない聴唖準同時角礫岩子宮頸がんと細菌性髄膜炎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

がんの自覚症状の関連情報