コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がんの自覚症状 がんのじかくしょうじょう

家庭医学館の解説

がんのじかくしょうじょう【がんの自覚症状】

 がんでは、ほとんどの場合初期症状がないのが特徴ですが、ふとしたことでからだの異常に気づいて検査を受け、発見されることもあります。
 日本対がん協会では、がんの自覚症状について、一応の目安となる項目を、つぎのように定めています。
胃がん
 胸やけやもたれなど胃のぐあいが悪く、食べ物の好みが変わってくる。
食道がん
 食べ物や水を飲み込むとき胸につかえる感じ。
大腸がん直腸がん
 便秘と下痢(げり)をくり返し、便に血液や粘液(ねんえき)がまじったりする。
肺がん・喉頭(こうとう)がん
 せきが長引き、たんに血がまじる。
■舌(ぜつ)がん・皮膚がん
 できものがいつまでも治らない。
■子宮(しきゅう)がん
 帯下(たいげ)(おりもの)や不正性器出血がある。
乳がん
 乳房のしこり
■腎(じん)がん・膀胱(ぼうこう)がん・前立腺(ぜんりつせん)がん
 尿の出が悪くなったり、尿に血がまじったりする。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone