コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不正性器出血 ふせいせいきしゅっけつmetrorrhagia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不正性器出血
ふせいせいきしゅっけつ
metrorrhagia

月経と,出産後の出血以外の性器出血は,すべて不正性器出血といえる。内分泌障害による機能性出血子宮筋腫などの出血のほかに,子宮頸管部の慢性炎症と,それによる子宮腟部びらんからの出血が多い。いずれの場合も,子宮癌の初期症状の可能性が強いので,癌検診を受ける必要がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家庭医学館の解説

ふせいせいきしゅっけつ【不正性器出血】

 女性性器からおこる、月経(げっけい)以外の外出血(がいしゅっけつ)を、不正性器出血といいます。
 その原因は、器質的出血(きしつてきしゅっけつ)と、機能性出血(きのうせいしゅっけつ)との2つに分けることができます。
 器質的出血とは、子宮がん(「子宮がん」)や子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)(「子宮筋腫」)のような腫瘍性病変(しゅようせいびょうへん)、あるいは炎症や妊娠などによるものをいいます。
 機能性出血とは、子宮内腔(しきゅうないくう)からの出血で、月経や器質的出血以外のものをいいます(「機能性出血」)。
 不正性器出血のおこる部位は、おもに子宮ですが、外陰部(がいいんぶ)、腟(ちつ)、卵管(らんかん)、まれには卵巣(らんそう)からの場合もあります。
 出血の原因を部位ごとに分類すると、表「不正性器出血の部位別原因疾患」のようになります。
 また、表「不正性器出血の年代別原因疾患」のように、年代によって、出血のおもな原因は異なります。
 機能性子宮出血は、いずれの年代にもみられ、しかも不正性器出血の原因として、各年代を通じてもっとも頻度が高いとされています。
 したがって、ここでは機能性子宮出血について説明します。その他の疾患については、それぞれの項目を参照してください。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

不正性器出血の関連キーワード子宮内膜増殖症/子宮内膜異型増殖症老化にともなう女性性器の病気と症状帯下(こしけ/おりもの)老人性腟炎(萎縮性腟炎)月経のおこるしくみがんを見つける検査ダグラス窩膿瘍がんの自覚症状子宮頸部異形成子宮がん検診不正子宮出血頸管ポリープ子宮頸がん絨毛上皮腫子宮内膜炎絨毛がん卵管がん腟がん避妊薬

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android