コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不正性器出血 ふせいせいきしゅっけつ metrorrhagia

2件 の用語解説(不正性器出血の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不正性器出血
ふせいせいきしゅっけつ
metrorrhagia

月経と,出産後の出血以外の性器出血は,すべて不正性器出血といえる。内分泌障害による機能性出血子宮筋腫などの出血のほかに,子宮頸管部の慢性炎症と,それによる子宮腟部びらんからの出血が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

ふせいせいきしゅっけつ【不正性器出血】

 女性性器からおこる、月経(げっけい)以外の外出血(がいしゅっけつ)を、不正性器出血といいます。
 その原因は、器質的出血(きしつてきしゅっけつ)と、機能性出血(きのうせいしゅっけつ)との2つに分けることができます。
 器質的出血とは、子宮がん(「子宮がん」)や子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)(「子宮筋腫」)のような腫瘍性病変(しゅようせいびょうへん)、あるいは炎症や妊娠などによるものをいいます。
 機能性出血とは、子宮内腔(しきゅうないくう)からの出血で、月経や器質的出血以外のものをいいます(「機能性出血」)。
 不正性器出血のおこる部位は、おもに子宮ですが、外陰部(がいいんぶ)、腟(ちつ)、卵管(らんかん)、まれには卵巣(らんそう)からの場合もあります。
 出血の原因を部位ごとに分類すると、表「不正性器出血の部位別原因疾患」のようになります。
 また、表「不正性器出血の年代別原因疾患」のように、年代によって、出血のおもな原因は異なります。
 機能性子宮出血は、いずれの年代にもみられ、しかも不正性器出血の原因として、各年代を通じてもっとも頻度が高いとされています。
 したがって、ここでは機能性子宮出血について説明します。その他の疾患については、それぞれの項目を参照してください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

不正性器出血の関連キーワード婦人科月経不順月経期月経閉止期原発性無月経続発性無月経早発月経遅発月経女性器ゲッケイ葉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone