けども(読み)ケドモ

デジタル大辞泉の解説

けども[接]

[接]接続詞「けれども」に同じ。
「―、何か御心配でもおありなさらなくて」〈木下尚江火の柱

けども[接助・終助]

[接助]接続助詞「けれども」に同じ。「授業に出てはいるけども、つい居眠りしてしまうんだ」
[終助]終助詞「けれども」に同じ。「今、がふさがってるんだけども

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

け‐ども

(「けれども」の変化した語で、くだけた表現の中で用いられる)
[1] 〘接助〙 =けれども(一)
※洒落本・傾城買四十八手(1790)真の手「けふいっちゃア都合がわるひけども」
[2] 〘接続〙 =けれども(二)
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「こちのは前銭ぢゃさかい二割も引(ひかさ)にゃ歩合に廻らぬ。けども、銭相場が安うて的(てき)さんも引合ふまいと思ふさかい、こちから負てやるぢゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けどもの関連情報