コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾城買四十八手 けいせいかいしじゅうはって

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傾城買四十八手
けいせいかいしじゅうはって

洒落本山東京伝作,画。1冊。寛政2 (1790) 年刊。傾城買いの種々の手を示す形で「しっぽりとした手」「やすひ手」「見ぬかれた手」「真の手」の各章をおき,遊女と客のさまざまなタイプによる交渉を描く。単なる「うがち」から心理描写に転じつつある点で,京伝洒落本の代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいせいかいしじゅうはって〔ケイセイかひシジフハツて〕【傾城買四十八手】

洒落本。1冊。山東京伝作・画。寛政2年(1790)刊。客と遊女の恋の手管会話体で描いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいかいしじゅうはって【傾城買四十八手】

洒落本。1冊。山東京伝作画。1790年(寛政2)刊。〈しつぽりとした手〉〈やすひ手〉〈見ぬかれた手〉〈真(しん)の手〉から成る。吉原の大見世・小見世の,さまざまの職業や性格の遊客と,それぞれ異なる地位の遊女との閨房における会話を描いて評を加える。遊びの手練手管(てれんてくだ)の種々相を示すことを表に掲げて,その内面の心理感情を冷ややかにしんらつに,また温かく見つめる。作者の遊里における人間の観察の鋭さと愛情を思わせるものがあり,京伝のみならず,洒落本の代表的傑作である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいせいかいしじゅうはって【傾城買四十八手】

洒落本。一冊。山東京伝作・画。1790年刊。遊客と遊女の座敷・閨房けいぼうを舞台にして、傾城買いのさまざまな手管を示したもの。心理描写にすぐれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の傾城買四十八手の言及

【傾城買二筋道】より

…〈夏の床〉では,浮気でうぬぼれの色男が結局遊女に愛想づかしをされることを,〈冬の床〉では,嫌われていた醜い中年男の誠実がついに女の心をとらえる次第を,それぞれ描く。山東京伝の《傾城買四十八手》の描写方法を踏襲しているが,両章を通じて誠実な真情の尊さを強調するところに意図があり,〈冬の床〉の主人公文里(ぶんり)には,洒落本における新しい通人の造型が見られる。やがて二編《廓(さと)の癖》(1799),三編《宵の程》(1800)と継がれて長編化し,人情本にいたる道をひらくいとぐちともなった。…

※「傾城買四十八手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

傾城買四十八手の関連キーワード釜・窯・缶・罐・竈・竃引き倒す・引倒す切り立て・切立て冷ます・醒ます傾城買二筋道たてごかし錨を下ろす御座んす化政文化枇杷葉湯重た増しええる付け金はむき括り猿ざんす万と悪功捌く世界

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android