コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こと八日 ことようか

世界大百科事典 第2版の解説

ことようか【こと八日】

2月と12月の8日をいう。東日本では両月に行い,西日本では12月のみの所が多い。西日本で2月8日の行事が少ないのは,同じころに春ゴトが行われるためであるとされている。東日本の両月行う所では2月8日をコトハジメ,12月8日をコトオサメとするのが一般的であるが,その逆だとする所も東京近辺にはある。コトを神々を迎えて行う一年間の各行事と解釈すれば,前者の呼び方が正しいが,正月を中心とする一年で最も大きな神祭をコトだと考えれば,むしろその物忌の始まりという意味で12月8日をコトハジメとする方が本来のものといえるだろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のこと八日の言及

【針供養】より

…針仕事を休んで古針や折れ針を供養し,裁縫の上達を祈る女性の行事。用の済んだ針を豆腐やこんにゃく,餅などに刺し,川へ流したり近くの社寺へ持ち寄って供養してもらうのが一般的で,全国の広い地域で2月もしくは12月の8日(こと八日)に行われている。これら両日を厄日と考え,一つ目小僧や厄病神の来訪を説いて,山へ入るなとか仕事を早く切りあげて家で静かにしていよとする伝承が東日本を中心に各地にあるが,針仕事を休むというのも,これらの日が仕事を避けて忌籠(いみごもり)すべき日であったからだと思われる。…

※「こと八日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

こと八日の関連キーワード有卦振る舞ひ一つ目小僧針供養

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こと八日の関連情報