コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹神 ささかみ

2件 の用語解説(笹神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笹神
ささかみ

新潟県中北部,新潟平野の北部から五頭連峰の西斜面にある地区。旧村名。 1956年笹岡村と神山村が合体して笹神村が発足。 2004年4月,安田町,京ヶ瀬村,水原町と合併し阿賀野市となる。西部は穀倉地帯の一部,東部は五頭山などのほか出湯温泉村杉温泉があり,五頭連峰県立自然公園に属する観光地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笹神
ささかみ

新潟県中北部、北蒲原(きたかんばら)郡にあった旧村名(笹神村(むら))。現在は阿賀野(あがの)市の中央部を占める一地区。1956年(昭和31)笹岡、神山の2村が合併施行。2004年(平成16)安田(やすだ)町、水原(すいばら)町、京ヶ瀬(きょうがせ)村と合併して市制施行、阿賀野市となる。旧笹神村は、五頭(ごず)連峰西麓(せいろく)に位置し、JR羽越(うえつ)本線、国道290号、460号が通じる。旧村域の大部分は五頭連峰県立自然公園地区に入る観光地で、出湯(でゆ)、村杉、今板(いまいた)などの古い湯治場温泉に恵まれ、五頭温泉郷を形成している。また、新潟市の日帰り行楽地としてゴルフ場などもある。平野部の水田は、五頭山(912メートル)を構成する花崗(かこう)岩砂の流出で稲穂の秋落ち現象に悩まされ、土石流洪水の被害もあったが、農業は盛んである。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笹神の関連キーワード新潟平野新津阿賀野鳥屋[町]新潟県岩船郡新潟県阿賀野市畑江新潟県新潟市西蒲区平野新潟県魚沼市平野又五頭連峰笹神[村]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笹神の関連情報