こなん(読み)コナン

デジタル大辞泉の解説

こなん

[代]《「こなさん」の音変化》二人称の人代名詞。あなた。おまえさん。
「―一人が先立ってながらへ物を思へとか」〈浄・博多小女郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こなん

( 代 )
〔「こなさん」の転。近世上方語〕
二人称。あなた。おまえさん。 「なう懐かしの我が夫つまよ、-も人形買ひにかえ/浄瑠璃・金屋金五郎後日雛形」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こなん

〘代名〙 (「こなさん(此方様)」の変化した語) 対称。女性が軽い敬意をもって相手を呼ぶとき用いる語。本来は遊里での遊女のことばであったが、後には男性の間でも用いられた。こなさん。あなた。
※浄瑠璃・傾城二河白道(1705頃か)上「長櫃の内にて聞ば、こなんは殿の御家老様」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こなんの関連情報