コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すっくり スックリ

2件 の用語解説(すっくりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すっくり

[副]
すっく」に同じ。
「褄(つま)を合せざまに―と立った」〈鏡花・眉かくしの霊〉
ある範囲内のすべてにわたるさま。すっかり。そっくり。
「土の面が乾いていた。それから大地が―乾いた」〈中勘助・鳥の物語〉
水を少なくして固めに飯を炊くさま。
「雪の白搗(づ)き―と鹿の子斑(まだ)らに黒豆散らし」〈浄・大織冠

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すっくり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
まっすぐに立っているさま。 「孟宗が中途に二本、上の方に三本程-と立つてゐる/門 漱石
すっかり。すべて。 「何もかもたくみの段々-と言うてのけた/浄瑠璃・今川本領猫魔館」
こわめに飯をたくことをいう語。 「食めしは赤まじりのひね臭いを-とたかせ/浄瑠璃・宵庚申

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すっくりの関連キーワードきちっとびっくらふっくりむすっと小褄を取るすっくすっすっとすっぱ陸陸

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

すっくりの関連情報