コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

するり スルリ

デジタル大辞泉の解説

するり

[副]動きが、滑るようになめらかなさま。「戸がするりと開く」「警戒網をするりとくぐり抜ける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

するり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
なめらかに、滑るように動くさま。 「 -と抜ける」 「カタナヲ-トヌク/日葡」
物事がすみやかに滞りなく行われるさま。 「足軽二三百人…三条河原祇園の辺まで-と遣はして/盛衰記 14

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

するりの関連キーワード低周波地震りそな銀行押っ取る衣かつぎひょろりぬるぬるスリッパ津軽焼ブラギつるり盛衰記ぐすとそろりベル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

するりの関連情報