コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つるつる ツルツル

3件 の用語解説(つるつるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つる‐つる

[副](スル)
物の表面がなめらかで、つやのあるさま。「つるつる(と)した肌」
なめらかで、滑りやすいさま。「雪道がつるつる(と)して危ない」
抵抗がなく、速く進むさま。するする。「つるつる(と)そばを食う」
[形動]
1に同じ。「つるつるな幹」
2に同じ。「つるつるな廊下」
[アクセント]ルツル、はツルツル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つるつる

[1] ( 副 ) スル
なめらかなさま。また、よくすべるさま。 「 -した紙」 「道が凍って-する」
動きがなめらかなさま。 「口を利き出すと、-と出る/三四郎 漱石
そば・うどんなどをすするさま。また、そのときの音を表す語。 「そばを-と食う」
[0] ( 形動 )
なめらかで光沢のあるさま。 「 -に磨かれた柱」 「 -の頭」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

つるつるの関連情報