コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つるつる ツルツル

デジタル大辞泉の解説

つる‐つる

[副](スル)
物の表面がなめらかで、つやのあるさま。「つるつる(と)した肌」
なめらかで、滑りやすいさま。「雪道がつるつる(と)して危ない」
抵抗がなく、速く進むさま。するする。「つるつる(と)そばを食う」
[形動]
1に同じ。「つるつるな幹」
2に同じ。「つるつるな廊下」
[アクセント]ルツル、はツルツル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

つるつる

古典落語の演目のひとつ。「粗忽の幇間(たいこ)」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

つるつる

[1] ( 副 ) スル
なめらかなさま。また、よくすべるさま。 「 -した紙」 「道が凍って-する」
動きがなめらかなさま。 「口を利き出すと、-と出る/三四郎 漱石
そば・うどんなどをすするさま。また、そのときの音を表す語。 「そばを-と食う」
[0] ( 形動 )
なめらかで光沢のあるさま。 「 -に磨かれた柱」 「 -の頭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

つるつるの関連キーワードヘイズ(Isaac Hayes)三遊亭 円右(3代目)塗り箸で素麺を食うつるつるコロンかごめかごめ変形性関節症オオバロニアバラ(薔薇)くりくり坊主アカヒトデ落語の演題アクセント表面あらさ口腔乾燥症大宮 敏充ヒメシャラ大宮敏充つるっ禿ずべら坊パパイア

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つるつるの関連情報