つるつる

精選版 日本国語大辞典「つるつる」の解説

つる‐つる

[1] 〘〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 動きがなめらかで、すべるようであるさまを表わす語。はやさの感じを伴うことが多い。
※名語記(1275)四「日はつるつるといづなんなり。門より人のつるつるといる、つる、如何。それは、とく反りて、つ也。はやく入れる心歟」
② 物の状態がなめらかなさま、また、すべりやすそうであるさまを表わす語。つるりつるん
※俳諧・七番日記‐文化七年(1810)二月「春の日のつるつる辷る櫁かな」
③ 表面がなめらかで、光沢のあるさまを表わす語。
(1911)〈徳田秋声〉四〇「ここの台所の白い板敷も、つるつると黝い光沢をもって来た」
[2] 〘形動〙 (一)②③に同じ。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉一「頭のつるつるに禿げた男」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「つるつる」の解説

つる‐つる

[副](スル)
物の表面がなめらかで、つやのあるさま。「つるつる(と)した肌」
なめらかで、りやすいさま。「雪道がつるつる(と)して危ない」
抵抗がなく、速く進むさま。するする。「つるつる(と)そばを食う」
[形動]
1に同じ。「つるつるな幹」
2に同じ。「つるつるな廊下」
[アクセント]ルツル、はツルツル
[類語]1滑らか滑っこい平滑すべすべつるりつるんするするするっとするりのっぺり艶やかつやつやてらてらてかてかつや艶めく艶々しい色艶ぬっぺり平ら平たい平べったいのっぺらぼうずべら坊3するっとするするするりずるりつるりすべすべ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android