するする(読み)スルスル

デジタル大辞泉の解説

する‐する

[副]
滑るようになめらかに動くさま。また、ある動作が、静かに滞りなく進行するさま。「するする(と)音もなく障子が開く」「ランナーがするする(と)塁を離れる」「舟がするする(と)岸を離れる」
草木が勢いよく生長するさま。すくすく。
「三ところに植ゑてけり。例よりも―と生ひ立ちて」〈宇治拾遺・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

するする

〔女房詞〕
するめ。 〔大上﨟御名之事〕

するする

( 副 )
なめらかに滑るさま。滑るように動くさま。 「幕が-(と)上がる」 「 -(と)近寄って来た」
事が支障なく行われるさま。順調に進むさま。 「糸を引くと-(と)ほどける」 「 -(と)擦り抜ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

する‐する

〘名〙 「するめ」をいう女房詞
※大上臈御名之事(16C前か)「一、するめ。よこがみ、するするとも」

する‐する

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 人や動物などが、速やかに滞りなく移り動くさまを表わす語。
※古今著聞集(1254)二〇「枝をよこたへて、そばよりするするとよりて、くびのねをつよく打たりければ」
※源平盛衰記(14C前)三七「小長刀を取り、十文字に持て開き、するすると歩みより」
② 棒状、帯状のものが勢いよく伸びるさまを表わす語。
※宇治拾遺(1221頃)三「三ところに植てけり。例よりもするすると生たちて、いみじく大になりたり」
③ 物事が滞りなく行なわれるさま、なめらかに進行するさま、支障なく速やかに行なわれるさまを表わす語。すらすら。
※風姿花伝(1400‐02頃)六「直に舞ひ謡ひ、振りをもするするとなだらかにすべし」
※異端者の悲しみ(1917)〈谷崎潤一郎〉一「不思議や次第に円盤がするするするする廻転し始めて」
[2] 〘形動〙 女房詞。滞りのないさま。支障のないさま。無事であるさま。特に、出産が無事に済むさま。
※御湯殿上日記‐明応七年(1498)一二月六日「さんかうの人かへりて御神事とくる。するするのよし申さるる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

するするの関連情報