滑滑(読み)スベスベ

デジタル大辞泉の解説

すべ‐すべ【滑滑】

[副](スル) 物の表面の手ざわりがなめらかでざらつきのないさま。「滑滑(と)した肌」
[形動]に同じ。「磨きこまれた滑滑な廊下」
[アクセント]ベスベ、はスベスベ

ぬめ‐ぬめ【滑】

[副](スル)柔らかくなめらかで感触のよくないさま。「滑滑と光る」「滑滑(と)した液体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すべすべ【滑滑】

[0] ( 形動 )
人の肌や物の表面などに手で触れたとき、なめらかでさらっとして心地よいさま。 「 -な肌」
[1] ( 副 ) スル
に同じ。 「 -(と)した床柱」

ぬめぬめ【滑滑】

( 副 ) スル
物の表面がなめらかで、ぬめった光沢のあるさま。 「 -と光る」 「 -したナメクジ」

ぬらぬら【滑滑】

( 副 ) スル
表面がぬるぬるしてすべりやすいさま。粘液状のものでおおわれているさま。 「風呂場が-とすべる」
鈍く進むさま。 「牛の歩の-行くことと定めた/思出の記 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滑滑の関連情報