コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずつ ズツ

デジタル大辞泉の解説

ずつ[副助]

[副助]数量・割合を表す名詞・副詞、および一部の助詞に付く。
ある数量を等分に割り当てる意を表す。「一人に二本ずつ与える」「五〇人ずつのクラス編成」
一定量に限って繰り返す意を表す。「一ページずつめくる」「少しずつ進む」
[補説]「一つ」「二つ」の「つ」を重ねたものか。中古から用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずつ

( 副助 )
〔中古以降の語。接尾語とする説もある〕
数量・割合・程度を表す名詞や副詞、またはそれらにさらに副助詞の付いたものに接続する。
同じ分量・割合・程度であることを表す。 「患者を一人-みる」 「二本ぐらい-切り倒す」 「すこし-食べる」
(多く「…に…ずつ」の形をとって)同じ分量・割合・程度で分配することを表す。 「三人に二つ-分ける」 「全員に三本ぐらい-配る」 「立ち木の間隔をすこし-ずらす」 〔現代仮名遣いでは「ひとりづつ」のように「づ」を用いて書くこともできる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ずつの関連キーワードハーフアンドハーフシリアルプリンターラインプリンターハガキフィーダーアニメーションロールアップ現代仮名遣いちょびちょび五節の童女ジムカーナ連碁・聯碁盛っ切り酒立松東蒙剝がし暦迫り出し一升買い済し崩し倹飩蕎麦倹飩饂飩鰹節身上

ずつの関連情報