コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ただごと歌 ただごとうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ただごと歌
ただごとうた

歌論用語。思ったまま,感じたままを,比喩などの技巧を凝らさないで,ありのままに表現した歌。『古今和歌集仮名序では,中国詩論の六義 (りくぎ) の一つ「雅」に相当する歌体藤原清輔の『奥義抄』では,「物にもそへず,たとへをも取らぬなり」と解している。江戸時代,小沢蘆庵の『或問 (わくもん) 』『古今六義諸説』などで和歌の理想と考えられていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ただごと歌
ただごとうた

歌論用語。「ただこと歌」とも。『古今集』の「仮名序」で、「六義(りくぎ)」の一つに、「いつはりのなき世なりせばいかばかり人の言(こと)の葉(は)うれしからまし」の歌を例に引いて、掲出されている。詩論の「雅(が)」に相当し、古注では「事の整(ととの)ほり、正しきをいふなり」と道義を詠んだ歌と解しているが、しだいに譬喩(ひゆ)などは用いずに、日常のことばで直叙したものと解されるようになった。『歌経標式(かきょうひょうしき)』の「俗人ノ言語ト異ナルコト無シ」という「直言(ただごと)」や、『土佐日記』の「なぞ、ただごとなる」に通じるものがある。小沢蘆庵(ろあん)の、歌とは、「ただ今思へることを、我が言はるる詞(ことば)をもて、ことわりの聞ゆるやうに言ひ出(い)づる」(『布留(ふる)の中道(なかみち)』)ものでなければならない、という歌論で、実作の目標となった。[小町谷照彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のただごと歌の言及

【小沢蘆庵】より

…藩主の京都屋敷留守役として早く京都に住んだ。堂上派歌人冷泉為村の門人となるが,破門され,一派を立てて〈ただごと歌〉を主張した。擬古派に対抗して,自然な感情を平易な語でうたう歌を唱道。…

※「ただごと歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ただごと歌の関連キーワード六義・六儀・六議蘆かび・芦かび六帖詠草歌論

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android