コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ただごと歌 ただごとうた

2件 の用語解説(ただごと歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ただごと歌
ただごとうた

歌論用語。思ったまま,感じたままを,比喩などの技巧を凝らさないで,ありのままに表現した歌。『古今和歌集』仮名序では,中国詩論の六義 (りくぎ) の一つ「雅」に相当する歌体。藤原清輔の『奥義抄』では,「物にもそへず,たとへをも取らぬなり」と解している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ただごと歌
ただごとうた

歌論用語。「ただこと歌」とも。『古今集』の「仮名序」で、「六義(りくぎ)」の一つに、「いつはりのなき世なりせばいかばかり人の言(こと)の葉(は)うれしからまし」の歌を例に引いて、掲出されている。詩論の「雅(が)」に相当し、古注では「事の整(ととの)ほり、正しきをいふなり」と道義を詠んだ歌と解しているが、しだいに譬喩(ひゆ)などは用いずに、日常のことばで直叙したものと解されるようになった。『歌経標式(かきょうひょうしき)』の「俗人ノ言語ト異ナルコト無シ」という「直言(ただごと)」や、『土佐日記』の「なぞ、ただごとなる」に通じるものがある。小沢蘆庵(ろあん)の、歌とは、「ただ今思へることを、我が言はるる詞(ことば)をもて、ことわりの聞ゆるやうに言ひ出(い)づる」(『布留(ふる)の中道(なかみち)』)ものでなければならない、という歌論で、実作の目標となった。[小町谷照彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のただごと歌の言及

【小沢蘆庵】より

…藩主の京都屋敷留守役として早く京都に住んだ。堂上派歌人冷泉為村の門人となるが,破門され,一派を立てて〈ただごと歌〉を主張した。擬古派に対抗して,自然な感情を平易な語でうたう歌を唱道。…

※「ただごと歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ただごと歌の関連キーワード生繭玉松玉綿宙に浮く土足放言頭を掻く立見玉盌誰よりもママを愛す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone