奥義抄(読み)おうぎしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「奥義抄」の解説

奥義抄
おうぎしょう

平安末期の歌学書。著者藤原清輔(きよすけ)。1124年(天治1)から44年(天養1)の間の成立か。初め崇徳(すとく)天皇に奉り、その後追補して二条天皇に奉ったと伝える。清輔の追補は4次にわたったらしいことが、伝来写本の内容の相違によって知られる。いま第三次本の内容を概観すると、3巻よりなり、文に次ぐ上巻は「式」と題して、六義(りくぎ)、六体、三種体、八品(はっぽん)、隠題(かくしだい)、四病、七病、八病、避病事(やまいをさくること)、詞病事(ことばのやまいのこと)、秀歌体、九品(くぼん)、十体、盗古歌、物異名(もののいみょう)、古歌詞、所名など歌学の25条の項目について述べて貴重である。中・下巻は「」として『後拾遺集』『拾遺集』『後撰(ごせん)集』、『古歌』(万葉集)、『古今集』の順序で語句注釈を記し、下巻の末尾に24項目が問答体で述べられている。それまでの歌学を集大成した書として重要である。

[藤岡忠美]

『久曽神昇解題『日本歌学大系1』(1940・文明社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「奥義抄」の解説

奥義抄【おうぎしょう】

平安後期の歌学書。藤原清輔。《詞花和歌集》に言及がなく,崇徳天皇に奉られていることから,初稿本の成立は保延年間(1135年―1141年)と考えられる。のち数度にわたり増補。六条家歌学を代表する著作の一つ。上巻は式の部,和歌六義以下25項目について論じる。中下巻は釈の部で例歌を挙げて難語の注釈をし,さらに24項の歌語・歌体について問答形式による詳細な考証を加える。《歌経標式》以来の歌学書の集大成であり,《袖中抄》《八雲御抄》等後世の歌学書への影響も大きい。《和歌九品》など散逸した書物から採録している点でも貴重である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「奥義抄」の解説

奥義抄
おうぎしょう

平安時代後期の歌学書。『奥儀抄』とも書く。藤原清輔 (きよすけ) 著。3巻。天治1 (1124) ~天養1 (44) 年の間に成立。崇徳天皇に献上ののち,数回増補されている。序で,和歌の効用沿革などについて概括し,以下,式 (上巻) ,釈 (中,下巻) に分けて解説。式は歌の種類,歌病,歌体,本歌取,枕詞 (まくらことば) ,歌語,名所などについて記し,釈は『万葉集』から『後拾遺集』までの約 260首の歌について語句を中心に解釈する。平安朝歌学の集大成として,後続する歌学書に与えた影響は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「奥義抄」の解説

おうぎしょう アウギセウ【奥義抄】

平安後期の歌学書。三巻。著者は藤原清輔(ふじわらのきよすけ)。保延元年(一一三五)から天養元年(一一四四)の間の成立。初稿以来数次にわたって増補された。序のほかに式(上巻)と釈(中・下巻)に分かれ、式は六義、六体以下歌病、所名に至る二五条について論述し、釈は古歌万葉、古今から後拾遺にいたる勅撰集の中の語句を注釈している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android