コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥義抄 おうぎしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥義抄
おうぎしょう

平安時代後期の歌学書。『奥儀抄』とも書く。藤原清輔 (きよすけ) 著。3巻。天治1 (1124) ~天養1 (44) 年の間に成立。崇徳天皇に献上ののち,数回増補されている。序で,和歌の効用や沿革などについて概括し,以下,式 (上巻) , (中,下巻) に分けて解説。式は歌の種類,歌病,歌体本歌取枕詞 (まくらことば) ,歌語,名所などについて記し,釈は『万葉集』から『後拾遺集』までの約 260首の歌について語句を中心に解釈する。平安朝歌学集大成として,後続する歌学書に与えた影響は大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おうぎしょう〔アウギセウ〕【奥義抄】

平安後期の歌学書。3巻。藤原清輔(ふじわらのきよすけ)著。天治元年(1124)から天養元年(1144)の間に成立。序と式(上巻)、釈(中・下巻)に分かれ、式は六義歌病などについて解説、釈は和歌の語句の注釈

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

奥義抄【おうぎしょう】

平安後期の歌学書。藤原清輔著。《詞花和歌集》に言及がなく,崇徳天皇に奉られていることから,初稿本の成立は保延年間(1135年―1141年)と考えられる。のち数度にわたり増補。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おうぎしょう【奥義抄】

歌学書。三巻。藤原清輔著。天治(1124~1126)~天養(1144~1145)の間に成立。序と、式(上巻)・釈(中・下巻)からなる。式部は歌病・歌体などの解説、釈部は古歌から後拾遺和歌集に至る和歌の難語の注釈を行う。五家髄脳ずいのうの一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥義抄
おうぎしょう

平安末期の歌学書。著者は藤原清輔(きよすけ)。1124年(天治1)から44年(天養1)の間の成立か。初め崇徳(すとく)天皇に奉り、その後追補して二条天皇に奉ったと伝える。清輔の追補は4次にわたったらしいことが、伝来写本の内容の相違によって知られる。いま第三次本の内容を概観すると、3巻よりなり、序文に次ぐ上巻は「式」と題して、六義(りくぎ)、六体、三種体、八品(はっぽん)、隠題(かくしだい)、四病、七病、八病、避病事(やまいをさくること)、詞病事(ことばのやまいのこと)、秀歌体、九品(くぼん)、十体、盗古歌、物異名(もののいみょう)、古歌詞、所名など歌学の25条の項目について述べて貴重である。中・下巻は「釈」として『後拾遺集』『拾遺集』『後撰(ごせん)集』、『古歌』(万葉集)、『古今集』の順序で語句の注釈を記し、下巻の末尾に24項目が問答体で述べられている。それまでの歌学を集大成した書として重要である。[藤岡忠美]
『久曽神昇解題『日本歌学大系1』(1940・文明社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

奥義抄の関連キーワード弥生(陰暦3月の異称)拾遺和歌集ただごと歌四家髄脳五家髄脳和歌十体歌経標式二四八六条家水無月いのう混本歌寄倍水回文難語古歌式部睦月文月葉月

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android