嫁菜(読み)ヨメナ

デジタル大辞泉の解説

よめ‐な【嫁菜】

キク科の多年草。水田のあぜなど湿った所に生える野菊で、高さ30~90センチ。地下茎で増え、葉は細くて縁に粗いぎざぎざがある。、周囲が紫色で中央が黄色の頭状花を開く。春の若葉は食用。おはぎ。うはぎ。はぎな。よめがはぎ。 春》「道端の砂利のほとりの―かな/孝作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よめな【嫁菜】

キク科の多年草。やや湿った草地に生え、根茎は長い。高さ約50センチメートルで、葉は披針形。秋、枝端に淡青紫色の頭花をつける。春の若葉は食用となり、古くから摘み草の対象として知られる。古名オハギ。 [季] 春。 嫁菜の花[季]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

嫁菜 (ヨメナ)

学名:Kalimeris yomena
植物。キク科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よめ‐な【嫁菜】

〘名〙 キク科の多年草。本州・四国・九州の原野や畔などに生える。高さ三〇~一〇〇センチメートル。葉は短柄をもち楕円形で縁に粗い鋸歯(きょし)がある。夏から秋にかけ、枝端に径三センチメートルぐらいの淡紫色の頭状花が咲く。冠毛は短い。若葉を食用とする。ノコンギク、ユウガギクなどと共に俗に「野菊」と呼ばれるものの一つ。漢名、雞児腸。うはぎ。おはぎ。《季・春》
狂歌・銀葉夷歌集(1679)一「是や此よめなをつかふ料理にはあとよりいたせ蕗のしうとめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android