コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫁菜 ヨメナ

2件 の用語解説(嫁菜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よめ‐な【嫁菜】

キク科の多年草。水田のあぜなど湿った所に生える野菊で、高さ30~90センチ地下茎で増え、葉は細くて縁に粗いぎざぎざがある。秋、周囲が紫色で中央が黄色の頭状花を開く。春の若葉は食用。おはぎ。うはぎ。はぎな。よめがはぎ。 春》「道端の砂利のほとりの―かな/孝作

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よめな【嫁菜】

キク科の多年草。やや湿った草地に生え、根茎は長い。高さ約50センチメートルで、葉は披針形。秋、枝端に淡青紫色の頭花をつける。春の若葉は食用となり、古くから摘み草の対象として知られる。古名オハギ。 [季] 春。 〔「嫁菜の花」は [季]秋〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone