コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だも ダモ

デジタル大辞泉の解説

だも[副助]

[副助]《副助詞「だに」+係助詞「も」の音変化》…でさえも。…ですらも。おもに漢文訓読系統の文章にみられる。
「科学の法則を、想像―及ばざる昔に引張れば」〈漱石・思ひ出す事など〉
「男は功に―報ぜられず」〈平家・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だも

( 連語 )
〔副助詞「だに」に係助詞「も」の付いた「だにも」の転〕
接続・意味ともに「だにも」に大体同じ。 「夢に-あふとみるこそ嬉しけれ残りの頼みすくなけれども/和泉式部集」 → だにも(連語)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

だもの関連キーワード中村伝九郎(初代)レグホーン[種]此の世ならず湯地治左衛門ホットドックだもんだから和泉式部集きぬの清流あずきなし近藤登之助家具用材アオダモ仕込み杖だもんで打ち寛ぐ浅原才一海布の子生ける屍斯波直持水菓子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だもの関連情報