だら幹(読み)ダラカン

デジタル大辞泉の解説

だら‐かん【だら幹】

《堕落した幹部の意》自己の地位を利用して私の利益をはかる指導者。特に、労働運動で、資本家と妥協して私利をはかり、運動を不利に導く指導者をいう。
「それには内部の―の力に待つところが多いのである」〈武田日本三文オペラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だらかん【だら幹】

〔「堕落した幹部」あるいは、「だらけた幹部」の意か〕
組合・政党などの堕落した指導者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android