ちりとてちん

デジタル大辞泉プラスの解説

NHKのドラマシリーズ「朝の連続テレビ小説」の作品のひとつ。2007年10月~2008年3月放映。脚本:藤本有紀。音楽:佐橋俊彦。出演:貫地谷しほり、和久井映見、松重豊、渡瀬恒彦ほか。福井小浜で育ったヒロイン・喜代美が、大阪で出会った上方落語に魅せられ、落語家を目指す姿を描く。
古典落語の演目のひとつ。「酢豆腐」の大阪での別題。オチは考えオチ。主な登場人物は、若旦那

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

江戸時代に大阪で生まれた古典落語江戸では「酢豆腐」と呼ばれる。旦那(だんな)が知ったかぶりを繰り返す隣人に一泡吹かせようと、腐った豆腐に味付けし「長崎名産ちりとてちん」と名付けて食べさせる話。どんな味かと問われた隣人が「腐った豆腐の味がします」というのがサゲ。「ちりとてちんは一口に限ります」と続くバージョンもある。

(2008-03-07 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちりとてちんの関連情報