コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢豆腐 スドウフ

5件 の用語解説(酢豆腐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

す‐どうふ【酢豆腐】

《知ったかぶりの若旦那が、腐って酸っぱくなった豆腐を食べさせられ、酢豆腐だと答える落語から》知ったかぶり。半可通

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

酢豆腐

古典落語の演目のひとつ。「あくぬけ」「石けん」とも。大阪では「ちりとてちん」と題する。八代目桂文楽が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、若旦那。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すどうふ【酢豆腐】

落語。原話は《軽口太平楽》(1753)にある古い江戸落語。暑い季節にみんなで酒を飲もうとしたが,あいにく肴(さかな)がない。昨夜の豆腐をどうしたと聞くと,与太郎が釜に入れて蓋をしていたのでドロドロに腐っていた。そこへきざで半可通の若旦那が来たので,めずらしい食べ物で食べかたがわからないと持ちかけて食べさせる。若旦那は〈これは酢豆腐ですな〉などといって口へ運ぶが,ひとくち入れて大苦しみ。なおもすすめられると,苦しまぎれに〈酢豆腐はひとくちにかぎる〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すどうふ【酢豆腐】

〔知ったかぶりをする人が腐った豆腐を食べて、これは酢豆腐という料理だと負け惜しみを言った落語から〕
知ったかぶりをする人。半可通。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢豆腐
すどうふ

落語。江戸時代から口演されてきた古い江戸落語。原話は1753年(宝暦3)の噺本(はなしぼん)『軽口太平楽(かるくちたいへいらく)』にある小咄(こばなし)「酢豆腐」。町内の若い衆が一杯やろうと集まる。酒はあるが肴(さかな)がない。昨夜買った豆腐があるが、暑気で腐って黄色になり、酸っぱくなっている。そこへ気取り屋の若旦那(わかだんな)が通りかかるので呼び込み、食通とおだてあげて、腐った豆腐を出す。若旦那は知ったかぶりをして一口食べ、苦しみながらも「これは酢豆腐といいます」という。おもしろがってさらに勧めると「いや、酢豆腐は一口に限りやす」。大正期、3代柳家小さんの弟子小はんが改作、それが大阪に移されて『ちりとてちん』と改題され、今日では東京でもこの題で演(や)る人もある。また、この作を焼き直して『あくぬけ』と改題した新作風のものもあり、3代三遊亭金馬は別のくふうを加え『石けん』と題したこともあった。この落語から、知ったかぶりする人を「酢豆腐」というようになった。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酢豆腐の関連キーワード太平楽片棒軽口話原話小咄青森県三戸郡五戸町太平楽粗相惣兵衛都又平《厭(■1)太平楽記》《朝野新声太平楽府》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酢豆腐の関連情報