コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちりめん(縮緬) ちりめん

百科事典マイペディアの解説

ちりめん(縮緬)【ちりめん】

絹の縮(ちぢみ)織物の総称。普通は経(たて)糸に撚りのない生糸を,緯(よこ)糸に縮緬緯と称する強撚(きょうねん)糸を右撚り2本,左撚り2本ずつ交互に用いて平織にし,精練仕上げをしてしぼを出す。
→関連項目絹織物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちりめん【ちりめん(縮緬)】

生地の表面に細かな縮じわ(しぼ(皺))のある絹織物。天正(1573‐92)のころ,明国から堺(大坂)の織工が織法を伝え織りはじめたものという。その後,京都西陣で大成し各地に広まる。現在の産地は享保(1716‐36)のころ,京都から伝わって織り出した丹後を第一とし,長浜,春江,小松等。経糸に生糸を引き揃えて用い,緯糸はちりめん緯(よこ)と呼ぶ1mに2000~3800回ほどの強撚糸を使う。生糸のもつセリシン(膠質)を利用して撚止めを施し,右撚り,左撚りの強撚糸をそれぞれ2本交互に打ち込んで平織に織る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のちりめん(縮緬)の言及

【織物】より

…遣明貿易船が生糸や珍しい織物を多数積んで入港すると,彼らは誰よりも早く良質の生糸を手に入れ,また珍しく新しい織物に接することによって新技術の導入とその生産に努め,堺の機業を急速に発展させたのである。応仁の乱後,新たに日本で開発された金襴や唐織,緞子,紋紗,繻子,縮緬(ちりめん),紗綾(さあや),綸子(りんず)などは,こうした明の技術を学んだ結果であった。
[木綿の普及]
 日本で木綿が一般に普及したのは近世である。…

【着物】より

…それは商業の発展によるもので,封建制度の身分差はさまざまの面で服装を支配したにもかかわらず,絹は江戸中期以後は富裕な町人階級にも広くゆきわたった。羽二重や縮緬(ちりめん)は,江戸中期以後に,主として前者は男子用,後者は女子用の代表的な絹織物となった。絽(ろ)は夏向きに利用され,紬は絹のなかではいちばん庶民的な織物であった。…

【縮】より

…生地全体にしぼ(皺),しじら(縬)のある織物の総称。広義にはちりめんも含まれる。織り方に縮としじらがあり,縮は平織の緯糸に強撚糸や収縮糸を用いて織ったのち,湯に浸してもんで縮ませ,表面に小さな波状の凹凸を出したもの。…

※「ちりめん(縮緬)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ちりめん(縮緬)の関連キーワード御召綸子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android