コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちりめん(縮緬) ちりめん

2件 の用語解説(ちりめん(縮緬)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ちりめん(縮緬)【ちりめん】

絹の縮(ちぢみ)織物の総称。普通は経(たて)糸に撚りのない生糸を,緯(よこ)糸に縮緬緯と称する強撚(きょうねん)糸を右撚り2本,左撚り2本ずつ交互に用いて平織にし,精練仕上げをしてしぼを出す。
→関連項目絹織物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちりめん【ちりめん(縮緬)】

生地の表面に細かな縮じわ(しぼ(皺))のある絹織物。天正(1573‐92)のころ,明国から堺(大坂)の織工が織法を伝え織りはじめたものという。その後,京都西陣で大成し各地に広まる。現在の産地は享保(1716‐36)のころ,京都から伝わって織り出した丹後を第一とし,長浜,春江,小松等。経糸に生糸を引き揃えて用い,緯糸はちりめん緯(よこ)と呼ぶ1mに2000~3800回ほどの強撚糸を使う。生糸のもつセリシン(膠質)を利用して撚止めを施し,右撚り,左撚りの強撚糸をそれぞれ2本交互に打ち込んで平織に織る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のちりめん(縮緬)の言及

【織物】より

…遣明貿易船が生糸や珍しい織物を多数積んで入港すると,彼らは誰よりも早く良質の生糸を手に入れ,また珍しく新しい織物に接することによって新技術の導入とその生産に努め,堺の機業を急速に発展させたのである。応仁の乱後,新たに日本で開発された金襴や唐織,緞子,紋紗,繻子,縮緬(ちりめん),紗綾(さあや),綸子(りんず)などは,こうした明の技術を学んだ結果であった。
[木綿の普及]
 日本で木綿が一般に普及したのは近世である。…

【着物】より

…それは商業の発展によるもので,封建制度の身分差はさまざまの面で服装を支配したにもかかわらず,絹は江戸中期以後は富裕な町人階級にも広くゆきわたった。羽二重や縮緬(ちりめん)は,江戸中期以後に,主として前者は男子用,後者は女子用の代表的な絹織物となった。絽(ろ)は夏向きに利用され,紬は絹のなかではいちばん庶民的な織物であった。…

【縮】より

…生地全体にしぼ(皺),しじら(縬)のある織物の総称。広義にはちりめんも含まれる。織り方に縮としじらがあり,縮は平織の緯糸に強撚糸や収縮糸を用いて織ったのち,湯に浸してもんで縮ませ,表面に小さな波状の凹凸を出したもの。…

※「ちりめん(縮緬)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ちりめん(縮緬)の関連キーワードクレープ縮緬皺レザークロス木目細か鎖籠手揉み皮ラテアートしじら

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone