コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦紗 きんしゃ

百科事典マイペディアの解説

錦紗【きんしゃ】

錦紗縮緬(ちりめん)の略。金紗とも書く。絹織物の一種。普通の縮緬より経糸(たていと)を密にし,緯(よこ)糸に撚(よ)りの強い細糸を用いる。軽くしなやかで布面のしぼは細かい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

錦紗
きんしゃ

紗の地に、金糸・箔(はく)・色糸などを絵緯(えぬき)に織り込んで文様を表した絹織物。金紗とも書く。どっしりとした金襴(きんらん)に対して軽やかでありながら、豪華さをもっているところに特徴がある。わが国で織り出されたのは室町末期といわれるが、この錦紗は『堺鑑(さかいかがみ)』によると、元和(げんな)年間(1615~24)に、堺の銭屋(ぜにや)・松屋が、中国の渡来技術者に習って織り出したと伝えている。この錦紗を模して、製織の紗地に金糸・色糸などで文様を刺しゅうしたものを、一般に竹屋町(たけやまち)とよんでいる。これは京都・竹屋町の織工の創意によるところから付称されたという。外見は錦紗によく似ているが、紋織(もんおり)の技法や、金糸や色糸の扱いに相違がみられる。盛夏の着物地、表装地、人形衣装、芸能衣装などに使われる。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

錦紗の関連キーワード煮・社・者・写・叉・奢・娑・寫・射・捨・斜・沙・洒・瀉・炙・煮・砂・社・紗・者・舎・藉・謝・赦・赭・車・遮あわせ(袷)錦紗縮緬名物裂兵児帯

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android