(読み)ちぢみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ちぢみ

縮織物のこと。クレープと同義だが,クレープは一般に洋装用生地をさす。緯糸に強く撚 (よ) った糸を用いて織り,これを練って,表面に細かい皺 (しぼともいう) を生じさせた織物。江戸時代の初期,播磨国明石絹縮がつくられたのを始りとして,のち豊前の小倉,越後の小千谷などにこの織法が伝わった。小千谷縮カラムシ (苧麻) を原料とし,夏用の衣料として珍重された。木綿縮は小倉,岩国,川越,銚子,足利,阿波などで産した。縮緬 (ちりめん) も縮の一種であるが,主として絹織物をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅく【縮】[漢字項目]

[音]シュク(呉)(漢) [訓]ちぢむ ちぢまる ちぢめる ちぢれる ちぢらす
学習漢字]6年
ちぢむ。ちぢめる。「縮小縮図凝縮緊縮収縮伸縮短縮濃縮
心がいじける。「畏縮(いしゅく)恐縮
[名のり]おさむ・なお
[難読]縮緬(ちりめん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

縮【ちぢみ】

布面に細かい波状のちぢれを表した織物の総称。洋服地のクレープに当たる。ふつうは緯糸(よこいと)に強撚糸(きょうねんし)を用いて織り,しぼ出し仕上げをする。しじらのように張力の異なる糸を部分的に用いるもの,ローラーの型押しによるエンボス加工で縮を作るものなどもある。材質は絹,綿,麻で,これを模して化繊,合繊も用いる。絹縮はふつうちりめん(縮緬)と称する。綿縮は吸水性に富み涼感があるので夏の衣料とされる。麻縮はチョマが多く用いられ,夏の着物地として新潟県の小千谷(おぢや)縮が有名。
→関連項目明石縮越後上布サッカー(織物)【しじら】織

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちぢみ【縮】

縮織の略。洋服地のクレープcrapeにあたる。生地全体にしぼ(皺),しじら(縬)のある織物の総称。広義にはちりめんも含まれる。織り方に縮としじらがあり,縮は平織の緯糸に強撚糸や収縮糸を用いて織ったのち,湯に浸してもんで縮ませ,表面に小さな波状の凹凸を出したもの。しじらは経緯糸の張り方を不均一にしたり,太い糸と細い糸を配することで縮じわを生じさせる。材質は綿,麻,絹,合繊等がある。綿縮には片しぼと両しぼがあり,片しぼは楊柳縮,または楊柳クレープと称し,両しぼのことを一般に綿縮と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅく【縮】

( 名 )
よろいを着ること。 → 一縮いつしゆく
( 接尾 )
助数詞。鎧の数を数えるのに用いる。領りよう。 「只今為立したてたる鎧一-/太平記 33

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ちぢみ

織面にしわのようなしぼ立ちのある生地(きじ)の総称。クレープの一種。この技法は、綿・絹・麻・化合繊などいずれの繊維にも応用できる。一般に経(たて)糸には片撚(かたより)糸を使い、緯(よこ)糸には左右両方向の強撚糸(きょうねんし)を交互に打ち込んで平織に織り、糊(のり)抜き、精練をし、強撚糸の収縮を利用してしぼを出したものである。強撚糸の使い方は、種類によって異なるが、左右の強撚糸を1本ずつ交互に打ち込むもの、2本ずつあるいは4本ずつのものがあるが、しぼの大きさに違いを生ずることになる。このうち木綿のものは綿縮といい、夏の肌着に使われる。また、麻のものに小千谷(おぢや)縮、絹のものに明石(あかし)縮があり、盛夏の着尺地として珍重されている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【チョマ(苧麻)】より

…ラミーramie,マオ(真苧)ともいい,茎から靱皮繊維をとる(イラスト)。その繊維で織った布を上布(じようふ)と呼び,越後上布,小千谷縮(ちぢみ),宮古上布などが有名で,産地によって特色がある。イラクサ科の多年草で,茎は直立し,高さ1~2m。…

※「縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縮の関連情報