コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひづめhoof

翻訳|hoof

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ひづめ
hoof

哺乳類の有蹄類がもっている爪をいう。爪板 unguisが指を丸く囲んでおり,爪蹠の部分が蹠面をなしている。なお,有蹄類は,蹄をもつ指が1本である奇蹄類 (ウマ,サイなど) と,2本である偶蹄類 (イノシシ,ウシ,ヤギなど) のほか,ゾウ類 (長鼻目) を含む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てい【蹄】[漢字項目]

人名用漢字] [音]テイ(漢) [訓]ひづめ
馬や牛のひづめ。「蹄鉄鉄蹄馬蹄・奇蹄目・偶蹄目」
わな。「筌蹄(せんてい)

ひ‐づめ【×蹄】

哺乳類のうち奇蹄(きてい)類の馬・サイや、偶蹄類の牛・鹿・イノシシ、長鼻類の象などの足先にある堅い角質のつめ。
すぐれた馬。駿馬(しゅんめ)。
「八匹の―を愛し」〈盛衰記・一四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蹄【ひずめ】

(ひづめ)

蹄【ひづめ】

有蹄(ゆうてい)類など主として草原をかける大型草食動物に発達する爪(つめ)が変形したもの。爪(そう)板(爪体)が筒状に発達して指の先端をとり囲み,爪掌が底面を構成,後方の肉指は角皮層が発達して丈夫な蹄甲となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひづめ【蹄】

中・大形の草食哺乳類の脚先にある靴状の硬い爪。奇蹄類のウマ・バク・サイ、偶蹄類のウシ・キリン・シカ・ラクダ・イノシシ、長鼻類のゾウなどがもつ。
駿馬しゆんめ。 「昔周帝は八匹の-を愛して/盛衰記 14

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蹄の関連キーワード口蹄疫対策特別措置法水平線の花火と音楽ヘンレのループネフロンループテレオセラスブラキオダス口蹄疫特措法トクソドン原鯨類化石バク(貘)橈側蹄状紋マメジカサーバル蹄鉄磁石枚を銜む蹄形磁石口蹄病豊似湖髁節類蹄行性

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蹄の関連情報