コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ひづめ hoof

翻訳|hoof

6件 の用語解説(蹄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ひづめ
hoof

哺乳類の有蹄類がもっている爪をいう。爪板 unguisが指を丸く囲んでおり,爪蹠の部分が蹠面をなしている。なお,有蹄類は,蹄をもつ指が1本である奇蹄類 (ウマ,サイなど) と,2本である偶蹄類 (イノシシ,ウシ,ヤギなど) のほか,ゾウ類 (長鼻目) を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てい【蹄】[漢字項目]

人名用漢字] [音]テイ(漢) [訓]ひづめ
馬や牛のひづめ。「蹄鉄鉄蹄馬蹄・奇蹄目・偶蹄目」
わな。「筌蹄(せんてい)

ひ‐づめ【×蹄】

哺乳類のうち奇蹄(きてい)類の馬・サイや、偶蹄類の牛・鹿・イノシシ、長鼻類の象などの足先にある堅い角質のつめ。
すぐれた馬。駿馬(しゅんめ)。
「八匹の―を愛し」〈盛衰記・一四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蹄【ひずめ】

(ひづめ)

蹄【ひづめ】

有蹄(ゆうてい)類など主として草原をかける大型草食動物に発達する爪(つめ)が変形したもの。爪(そう)板(爪体)が筒状に発達して指の先端をとり囲み,爪掌が底面を構成,後方の肉指は角皮層が発達して丈夫な蹄甲となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ひづめ【蹄】

中・大形の草食哺乳類の脚先にある靴状の硬い爪。奇蹄類のウマ・バク・サイ、偶蹄類のウシ・キリン・シカ・ラクダ・イノシシ、長鼻類のゾウなどがもつ。
駿馬しゆんめ。 「昔周帝は八匹の-を愛して/盛衰記 14

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蹄の関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾ひょうど中町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蹄の関連情報