(読み)ひづめ(英語表記)hoof

翻訳|hoof

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ひづめ
hoof

哺乳類の有蹄類がもっていをいう。爪板 unguisがを丸く囲んでおり,爪蹠の部分が蹠面をなしている。なお,有蹄類は,蹄をもつ指が1本である奇蹄類 (ウマ,サイなど) と,2本である偶蹄類 (イノシシウシヤギなど) のほか,ゾウ類 (長鼻目) を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てい【蹄】[漢字項目]

人名用漢字] [音]テイ(漢) [訓]ひづめ
馬や牛のひづめ。「蹄鉄鉄蹄馬蹄奇蹄目・偶蹄目」
わな。「筌蹄(せんてい)

ひ‐づめ【×蹄】

哺乳類のうち奇蹄(きてい)類の馬・サイや、偶蹄類の牛・鹿・イノシシ、長鼻類の象などの足先にある堅い角質つめ
すぐれた馬。駿馬(しゅんめ)。
「八匹の―を愛し」〈盛衰記・一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蹄【ひづめ】

有蹄(ゆうてい)類など主として草原をかける大型草食動物に発達する爪(つめ)が変形したもの。爪(そう)板(爪体)が筒状に発達して指の先端をとり囲み,爪掌が底面を構成,後方の肉指は角皮層が発達して丈夫な蹄甲となる。奇蹄類(ウマ,サイ),偶蹄類(ウシ,シカ,ブタヒツジ)のほか,ゾウなどにもある。

蹄【ひずめ】

(ひづめ)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐づめ【蹄】

〘名〙
① 哺乳類の爪の一種。有蹄類・長鼻類に特有で、趾末端部の表皮性の角質壁、角質の箱状を呈する部分。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑(1734)三「『そこ立ちさらずは蹄(ヒヅメ)にかけん』と乗出す馬の平首に」
② ①のある動物。
※米沢本沙石集(1283)九「山野の蹄(ヒヅメ)、江河の鱗(うろくづ)
③ 特に、駿馬(しゅんめ)をいう。
※源平盛衰記(14C前)一四「昔周帝は八匹の蹄(ヒツメ)を愛して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報