コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てから テカラ

デジタル大辞泉の解説

て‐から

[連語]《接続助詞「て」+準体助詞「から」。近世以降の語》動詞の連用形に付いて、全体で接続助詞のように用いる。
…から後。…以降。「相手に会ってから考えを決める」
…たとしても。…たところで。
「これ皆一つにし―、高で二貫目か三貫目」〈浮・胸算用・二〉
…たりして。…ているが。
「そんなに涙をこぼし―、何ぞ別にくやしいことでもあったのかえ」〈人・英対暖語・八〉
[補説]「から」を格助詞に扱うこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てから

( 連語 )
〔接続助詞「て」に格助詞「から」の付いたもの。上に来る語によっては「でから」となる。近世以降の語〕
動詞の連用形に付いて、全体で一つの接続助詞のように用いられる。
「…から後」の意を表す。 「少したっ-、彼も出ていった」 「降りる方がすんでからお乗り下さい」
逆接の意を表す。…ても。…たところで。 「請出して其の後、囲うて置か内へ入るるにし-、そなたは何と成ことぞ/浄瑠璃・天の網島 」 「余所の銀かね盗むにこそ、知れ-大事ない/浄瑠璃・男作五雁金」
「…たりして」の意を表す。 「そんなに涙をこぼし-、何ぞ別にくやしいことでもあつたのかえ/人情本・英対暖語」 〔の意の「てから」は、格助詞「が」を伴って、「向こうに着い-が心配だ」などのようにも用いられる。このような場合の「から」は、格助詞からややその用法が転じているので、準体助詞とすることがある。→から
(準体助)〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てからの関連キーワードリリースタイム [release]難に臨んで遽かに兵を鋳る女の知恵は後へ回る戦を見て矢を矧ぐシザーズジャンプエスカベーシュコムギ粉改良剤当たりを付ける三思して後行う炒り煮/煎り煮オープンターンヘブライ文字リードタイムしてからが顔を拵える頭に入れるとろろ昆布木質ボード軽焼煎餅生存期間

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てからの関連情報