てから(読み)テカラ

デジタル大辞泉の解説

[連語]《接続助詞「て」+準体助詞「から」。近世以降の語》動詞の連用形に付いて、全体で接続助詞のように用いる。
…から後。…以降。「相手に会ってから考えを決める」
…たとしても。…たところで。
「これ皆一つにし―、高で二貫目か三貫目」〈浮・胸算用・二〉
…たりして。…ているが。
「そんなに涙をこぼし―、何ぞ別にくやしいことでもあったのかえ」〈人・英対暖語・八〉
[補説]「から」を格助詞に扱うこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

連語
接続助詞に格助詞からの付いたもの。上に来る語によってはでからとなる。近世以降の語
動詞の連用形に付いて、全体で一つの接続助詞のように用いられる。
「…から後」の意を表す。 少したっ-、彼も出ていった 降りる方がすんでからお乗り下さい
逆接の意を表す。…ても。…たところで。 請出して其の後、囲うて置か内へ入るるにし-、そなたは何と成ことぞ/浄瑠璃・天の網島 余所の銀かね盗むにこそ、知れ-大事ない/浄瑠璃・男作五雁金
「…たりして」の意を表す。 そんなに涙をこぼし-、何ぞ別にくやしいことでもあつたのかえ/人情本・英対暖語 の意のてからは、格助詞を伴って、向こうに着い-が心配だなどのようにも用いられる。このような場合のからは、格助詞からややその用法が転じているので、準体助詞とすることがある。→から
準体助

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(接続助詞「て」に格助詞「から」の付いたもの) 中世後期以後に見られ、全体で接続助詞のように用いる。
① 「…から後」の意を表わす。
※史記抄(1477)八「法臘いくつと云は、僧になってから、夏をいくつ結たと云かずぞ」
② 全体で接続助詞的に働き、逆接の意を表わす。…ても。…したところで。→てからが
※雑俳・千枚分銅(1704)「ただ遣るはだてにしてから出しにくい」
[語誌]動作・作用の起点を示す格助詞「から」は、平安時代には同じ意味の「より」があるためまれだったが、室町期以降の口語的資料には多く現われる。接続助詞「て」を介して同じく動作の起点ないし単純接続を示す「てから」も発生した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てからの関連情報