コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てく テク

デジタル大辞泉の解説

てく[名]

てくてく歩くこと。徒歩。「てくで来た」

て◦く[連語]

[連語]連語「ていく」の音変化。上に付くによって「でく」とも》…していく。…しつついく。だんだん…する。「本を持っ―◦く」「貯金が減っ―◦く」「鳥が飛んでく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てく

〔「てくてく」から出た語〕
乗り物に乗らずに徒歩で行くこと。 「毎日-で行く」

てく

( 連語 )
〔「ていく」の転。近世江戸語以降の語。話し言葉でのくだけた言い方。上にくる語によっては「でく」となる〕
動詞の連用形に付いて、「…して行く」「…しつつ行く」などの意を表す。 「これはぼくが持っ-」 「みんなどんどん走っ-」 「ここでちょっと休んでく」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てくの関連キーワード昔の因果は皿の端を回る今の因果は針の先を回るティーチング・アシスタント/TA捨てる神あれば拾う神あり大阪府大阪市西区靱本町待てば甘露の日和ありアシスタンスサービス杖の下から回る子浅井 丸留子チャーンイン鼠蹊ヘルニアおろし(颪)わんさわんさ揺るぎ出づせぐり来る不貞腐れる御鉢が回るてくシー来向かふ川下ろし売れ出す

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てくの関連情報