コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てさ テサ

2件 の用語解説(てさの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てさ[終助]

[終助]《接続助詞「て」+終助詞「さ」から》形容詞の連用形に付く。上の事柄を強く反駁(はんばく)する意を表す。…てたまるものか。…ことがあるか。
「一心に介抱すれば、またいい日の照ることがなくっ―」〈滑・浮世風呂・二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てさ

( 連語 )
〔接続助詞「て」に間投助詞「さ」の付いたもの。上に来る語によっては「でさ」となる。近世江戸語以降の語〕
文中で、「て」によって調子を整えつつ、「さ」によって語句を軽く指示し、相手に念を押す意を表す。 「まず郵便局に寄っ-、それから銀行に行ったんだ」 「雨がやんでさ、虹が出たんだ」
文末の打ち消し表現のあとに添えて、相手の言葉に対して反駁する気持ちなどを表す。 「『君知ってるかい』『知らなくっ-』」 「『ほんにほんに、いつも若い元気だ』『わかくなく-』/滑稽本・浮世風呂 2

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

てさの関連情報