でんでん(読み)デンデン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

でんでん

1950- 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和25年1月23日生まれ。昭和55年「お笑いスター誕生!!」で「みんな!ハッピーかい?」のネタで8週勝ち抜きをはたして芸能界入りし,TVドラマ,舞台に出演する。映画デビューは56年「の・ようなもの」。平成24年園子温監督作品の「冷たい熱帯魚」でキネマ旬報ベスト・テン助演男優賞,毎日映画コンクール男優助演賞,日本アカデミー賞最優秀助演男優賞などを受賞。福岡県出身。本名は緒方義博。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんでん

( 副 )
太鼓・鼓などの音を表す語。
太棹ふとざおの三味線の音色を表す語。
( 名 )
太鼓のこと。
「義太夫節」の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でん‐でん

[1] 〘副〙
① 太鼓の太く響く音を表わす語。
浄瑠璃・心中刃は氷の朔日(1709)中「八つの太鼓がでんでんでんぼ」
太棹三味線の音を表わす語。
③ あとからあとから続くさまを表わす語。どんどん。
雑俳・とかへり集(1858)「冷して有る西瓜・デンデン差湯して流す」
[2] 〘名〙
① 太鼓。
② 義太夫節の異称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

でんでんの関連情報