コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

でんでん デンデン

デジタル大辞泉の解説

でん‐でん

[副]
太鼓の音を表す語。「でんでんと太鼓を打つ」
太棹(ふとざお)三味線の音を表す語。「でんでんと響く津軽三味線」
[名]
太鼓のこと。
義太夫節のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

でんでん


芸名
でんでん

性別
男性

生年月日
1950/01/23

星座
みずがめ座

干支
寅年

血液型
A

出身地
福岡県

身長
174cm

体重
72kg

靴のサイズ
27cm

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
30歳の時、素人でも参加できるお笑いスター誕生で『みんな!ハッピーかい?』等のネタで8週勝抜きを果たした。このテレビ初登場をきっかけに新進のコント作家、構成作家であった水谷龍二さんと出会い、以後水谷作品(舞台、TVドラマ)に欠かせない役者となる。同時に脚本家松原敏春さんとも出会い、TVドラマはじめ、舞台『渾身愛』三部作(`89年)、『流水橋』(`92年 芸術座 森光子主演)などに出演。水谷龍二作・演出作品では『ある晴れた日の自衛隊シリーズ(`94年~`99年)、『星屑の町』シリーズ(`94年~`08年)、明治座『居残り佐平次』(`02年)、『火焔太鼓』(`05年)、『うそつき弥次朗』(`07年)など、ほとんどの作品に登板。また、明治座出演作品には`09年『三平物語』(作 金子成人、演出 水谷幹夫)がある。久世光彦さんのTVドラマにも数多く出演し、久世さん演出の新橋演舞場『浅草パラダイス』シリーズ(`98年、`00年、`01年)にも参加。永井愛さん作・演出作品に『やわらかい服を着て』(`06年 新国立劇場)、『かたりの椅子』(`10年 世田谷パブリックシアター)がある。映画デビュー作は`81年『の・ようなもの』(森田芳光監督)の二ツ目落語家。近年の主な出演作に、映画『座頭市 THE LAST』『悪人』、NHK『土曜時代劇「咲くやこの花」』、フジテレビ『チームバチスタ2 ジェネラルルージュの凱旋』などがある。その独特の存在感と持ち前のキャラクターは、どの役柄にもリアリティーを持たせ、映像作品にも欠かせない俳優として活躍している。2011年、園子温監督の映画『冷たい熱帯魚』では、にこやかな笑顔でカリスマ性を持つ熱帯魚店経営者、しかし正体は、金を搾取した後いとも簡単に殺人を繰り返す常軌を逸した男を、人間存在の闇もかくあるか?とばかりに引きずり出し、剥き出しに演じた。この作品はベネチア映画祭オリゾンティー部門で上映され、6分間のスタンディングオベーションという大絶賛を受けた。

代表作品
NHK『連続テレビ小説「あまちゃん」』(2013) / テレビ朝日緊急取調室レギュラー(2014) / 映画『清洲会議』(2013)

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

大辞林 第三版の解説

でんでん

( 副 )
太鼓・鼓などの音を表す語。
太棹ふとざおの三味線の音色を表す語。
( 名 )
太鼓のこと。
「義太夫節」の異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

でんでんの関連情報