どんつく(読み)ドンツク

  • (通称)
  • 歌舞伎舞踊

デジタル大辞泉の解説

[名]うちわ太鼓から》日蓮宗。また、その信徒
[副]太鼓の音、特に、日蓮宗で使ううちわ太鼓の音を表す語。
歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)。本名題神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)」。3世桜田治助作詞、5世岸沢式佐作曲。弘化3年(1846)江戸市村座初演。太神楽風俗を舞踊化したもの。「どんつく」とよばれる田舎者の下男が主にこっけいな踊りを見せる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

歌舞伎舞踊の曲名。常磐津。本名題《神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきよくまり)》。1846年(弘化3)1月,江戸市村座で4世中村歌右衛門,12世市村羽左衛門ほかにより初演。作詞3世桜田治助。作曲5世岸沢式佐。振付西川巳之。太神楽(だいかぐら)の太夫と,間抜け者〈どんつく〉の籠毬(かごまり)の曲芸特色で,どんつくの田舎節の踊りやおかめの面の踊り,赤手ぬぐいをかぶった太夫の踊りなどのほか,白酒屋の言立て,芸者のくどき,総踊りなどがあるにぎやかな作品。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

太鼓の音。特に、日蓮宗で使ううちわ太鼓の音をいう。
歌舞伎舞踊。常磐津。三世桜田治助作詞。1846年正月、江戸市村座初演。本名題「神楽諷雲井曲毬かぐらうたくもいのきよくまり」。太神楽の曲毬を舞踊化したもの。「どんつく」とは曲毬の太夫にからむ田舎者風の滑稽な下男の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌舞伎(かぶき)舞踊。常磐津(ときわず)。本名題(なだい)『神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)』。3世桜田治助(じすけ)作詞。5世岸沢式佐(しきさ)作曲。西川巳之助(みのすけ)振付け。1846年(弘化3)1月江戸・市村座で、4世中村歌右衛門(うたえもん)のどんつく、12世市村羽左衛門の太神楽(だいかぐら)の親方などにより初演。初春を祝福する雑芸(ぞうげい)太神楽の風俗を描いた作だが、「どんつく」とよばれる田舎(いなか)者の下男が主役で、親方、笛吹きの男のほか、年礼の旦那(だんな)、芸者、白酒売りなど、いろいろな人物が登場する。親方の籠毬(かごまり)の振(ふり)から、芸者と旦那の振、そこへどんつくがおかめの面をかぶって割り込み、鈴の踊り、親方との黒赤尽くしの踊りなどがあって、総踊りで終わる。初演は上の巻「鵺(ぬえ)退治」から引き抜く趣向だった。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (うちわ太鼓の音から転じて)
① 日蓮宗、また、その信者をいう。
② 太鼓をたたくこと。また、その役。
※食後の唄(1919)〈木下杢太郎〉自序「松屋のどんつく、小登良の鎗さび」
[2] 〘副〙 太鼓の鳴る音、特に、うちわ太鼓の鳴る音を表わす語。
※咄本・軽口東方朔(1762)夜番聞違「夜番人ぜひなく、太鼓をどんつくどんつくと打て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
神楽諷雲井曲毬
初演
弘化3.1(江戸・市村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android