コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どんつく ドンツク

6件 の用語解説(どんつくの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どん‐つく

[名]のうちわ太鼓の音から》日蓮宗。また、その信徒。
[副]太鼓の音、特に、日蓮宗で使ううちわ太鼓の音を表す語。

どんつく[歌舞伎舞踊]

歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)。本名題「神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)」。3世桜田治助作詞、5世岸沢式佐作曲。弘化3年(1846)江戸市村座初演。太神楽の風俗を舞踊化したもの。「どんつく」とよばれる田舎者の下男が主にこっけいな踊りを見せる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どんつく

歌舞伎舞踊の曲名。常磐津。本名題《神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきよくまり)》。1846年(弘化3)1月,江戸市村座で4世中村歌右衛門,12世市村羽左衛門ほかにより初演。作詞3世桜田治助。作曲5世岸沢式佐。振付西川巳之助太神楽(だいかぐら)の太夫と,間抜け者〈どんつく〉の籠毬(かごまり)の曲芸が特色で,どんつくの田舎節の踊りやおかめの面の踊り,赤手ぬぐいをかぶった太夫の踊りなどのほか,白酒屋の言立て,芸者のくどき,総踊りなどがあるにぎやかな作品。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どんつく

太鼓の音。特に、日蓮宗で使ううちわ太鼓の音をいう。

どんつく

歌舞伎舞踊。常磐津。三世桜田治助作詞。1846年正月、江戸市村座初演。本名題「神楽諷雲井曲毬かぐらうたくもいのきよくまり」。太神楽の曲毬を舞踊化したもの。「どんつく」とは曲毬の太夫にからむ田舎者風の滑稽な下男の称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

どんつく
どんつく

歌舞伎(かぶき)舞踊。常磐津(ときわず)。本名題(なだい)『神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)』。3世桜田治助(じすけ)作詞。5世岸沢式佐(しきさ)作曲。西川巳之助(みのすけ)振付け。1846年(弘化3)1月江戸・市村座で、4世中村歌右衛門(うたえもん)のどんつく、12世市村羽左衛門の太神楽(だいかぐら)の親方などにより初演。初春を祝福する雑芸(ぞうげい)太神楽の風俗を描いた作だが、「どんつく」とよばれる田舎(いなか)者の下男が主役で、親方、笛吹きの男のほか、年礼の旦那(だんな)、芸者、白酒売りなど、いろいろな人物が登場する。親方の籠毬(かごまり)の振(ふり)から、芸者と旦那の振、そこへどんつくがおかめの面をかぶって割り込み、鈴の踊り、親方との黒赤尽くしの踊りなどがあって、総踊りで終わる。初演は上の巻「鵺(ぬえ)退治」から引き抜く趣向だった。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どんつくの関連キーワード鞍馬獅子山姥物蜘蛛の糸釣女薄雪神楽鈴本名題奴道成寺身替りお俊三つ面子守

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

どんつくの関連情報