コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とても トテモ

デジタル大辞泉の解説

とて‐も

[連語]
《格助詞「とて」+係助詞「も」》「とて」を強調する。
…と言っても。
「げにこそ、心細き夕べに侍れ―、泣き給ひぬ」〈・葵〉
…という際にも。…にも。
「朝(あした)に起きさせ給ふ―、明くるも知らで」〈・桐壺〉
《係助詞「とて」+係助詞「も」》…も。…でも。
「これが他人の妻であったら彼―美しいと感ずるであろう」〈谷崎蓼喰ふ虫
「けふ―何の用あるまじ」〈浮・胸算用・五〉
《接続助詞「とて」+係助詞「も」》…としても。…ても。
「土に食ひ付き死ぬる―、こんな事はせぬものぢゃ」〈浄・曽根崎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とても

( 連語 )
〔格助詞「とて」に係助詞「も」が付いたもの〕
…だといっても。…だって。 「いつ-月はかくこそあれとて、思ひ分かざらん人は/徒然 212
…というにつけても。 「『…げにこそ心細き夕べに侍れ』-、泣きぬ/源氏
上の事実を一応肯定しながら、上の事実に相反する事実が下に現れる場合に用いる。…といっても、やはり。…けれども。 「心のみへだてず-たび衣/十六夜」
仮定を表す。…としても。 「今の客が見つけて引きずり出して踏む-、何と言訳あるものぞ/浄瑠璃・生玉心中

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

とてもの関連キーワード足下へも寄りつけない筆紙に尽くし難い筆舌に尽くし難い足下にも及ばないとてもじゃないが訳にはいかない及びもつかない杓子で腹を切る舎利が甲になるとてもこうてもとてもじゃない迚もじゃないが数え切れないとてもとてもプライスレスもて損なふ衆寡敵せず跣で逃げるトレビアンとてシャン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とてもの関連情報