コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

と畜場 とちくじょう

2件 の用語解説(と畜場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

と畜場
とちくじょう

食用に供する目的で獣畜をと畜したり解体するために設置された施設。日本のと畜場法では獣畜として「牛,馬,豚,めん羊及び山羊」の 5種を規定しており,と畜場の設置は都道府県知事の許可が必要とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

と畜場
とちくじょう

食用に供する目的で、ウシ、ウマ、ブタ、メンヨウ、ヤギをと畜、解体する施設。設置、運営は「と畜場法」(旧「屠場(とじょう)法」の全面改正により1953年制定)の規制を受ける。開設には都道府県知事の許可を要し、対象家畜の、と畜場以外でのと畜、解体は禁止されている。このような法令規制の趣旨は、家畜疫病の伝染防止、食肉の衛生保持にあり、生体、と体、枝肉、内臓検査が行われ、枝肉、内臓に検印が付される。
 わが国最初の、と畜場開設は幕末ごろで、外国人居留地への肉の供給が必要になってからと考えられている。従前は地場消費用の施設であったが、1960年(昭和35)ごろからの消費増大と生産・流通構造の変化に伴い、食肉卸売市場の付属施設、食肉センターのような生産者団体の出荷施設として再編整備されてきた。部分肉加工、冷蔵保管機能をもつ大型施設も増え、作業工程の合理化も進んでいる。また、1996年(平成8)夏の、病原性大腸菌O157による大規模な食中毒の発生を契機に、と畜場施行令が一部改正され、HACCP(Hazard Analysis Critical Control Pointの略称。ハサップ。危害分析に基づく重要管理点)の考え方に基づき、衛生対策が強化されている。97年の、と畜場数は336か所、うち4割強が公営である。最大規模は東京都中央卸売市場食肉市場で、1日の処理能力は大動物365頭、小動物1710頭となっている。[新山陽子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と畜場の関連キーワード加工乳と畜場法公の施設一粲に供する獣畜屠畜場補巻アオノリ魚タンパク質濃縮物残さ(渣)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

と畜場の関連情報