コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にらめっこ

世界大百科事典 第2版の解説

にらめっこ

向き合った2人が相手を笑わせようとさまざまな顔つきをする遊び。先に笑ったものが負けとなる。〈にらみくら〉〈にらめっくら〉,関西では〈にらみごく〉〈にらみこくら〉などともいい,古くは〈目くらべ〉といった。《平家物語》長門本には,夢に現れたしゃれこうべ平清盛が目くらべをするように互いににらみあった話があり,《名物六帖》では,中国に〈笑令〉〈無声楽〉という遊びがあり,笙(しよう),鼓,板などのまねを1人ずつして笑い出したものに罰を与えると説明している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

にらめっこ
にらめっこ

互いににらみ合って、笑い出したほうを負けとする遊び。にらみくらともいい、昔は「目くらべ」とよんだ。今日のように遊戯としてばかりではなく、一種の真剣な勝負の手段でもあった。『平家物語』の、清盛(きよもり)入道が多くの髑髏(どくろ)と目くらべをして勝った話は有名である。この場合、勝つことを「目勝ち」とよんだ。遊びとしては、2人ないし数人で目を見据えてにらみ合っていて、先に笑い出したほうが負けとなる。東京付近ではこの遊びに入る前に「だるまさんだるまさん にらめっこしましょ 笑うとぬかすよ あっぷっぷ」と唱えてからにらみ合いに入る。参加者の大ぜいのときは、笑った者から抜けていき、最後に残った者が勝ちとなる。[高野 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のにらめっこの言及

【恥】より

…それゆえ,小状況と大状況を同時に意識するところから出てくる日本人の恥じらいにも注目する必要がある。柳田国男によれば,〈にらめっこ〉は日本人が恥じらいを克服するために考案した独特の遊びであるという。この説が正しいとすれば,恥じらいは,日本の民俗社会において古くから広がっていた行動様式であるといわなければならない。…

※「にらめっこ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

にらめっこの関連キーワードショパン猪狩八田 一朗睨めっこ岡本太郎目比べ睨み競睨め競高野

にらめっこの関連情報