コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のろり ノロリ

デジタル大辞泉の解説

のろり

[副]
こせこせしないでのんびりしているさま。
「―と育って世間の塩風の辛いのも寒いのも知らぬ男」〈露伴・露団々〉
漫然と振る舞うさま。ふらりと。
「露地の中から、蜥蜴(とかげ)のように、―と出て」〈鏡花・日本橋〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のろり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
動作の鈍いさま。のろのろ。のんびり。 「 -と人の顔を見る/大内旅宿 虚子
なんとなく。ふらりと。 「ゆふべ-と帰つた所が、内へは這入られねえから/滑稽本・浮世風呂 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

のろりの関連キーワード浮世風呂塩風

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android