はっちゃ(読み)ハッチャ

デジタル大辞泉の解説

はっちゃ[感]

[感]驚いたときや恐ろしいときに発する声。
「―、怖しと会釈もせず」〈浄・傾城酒呑童子〉

はっちゃ[副助]

[副助]《副助詞「ほか」の音変化か》あとに否定の表現を伴って、その語に「しか」「ほか」の意を添える語。
「あん中に知った顔なやつは、たった二人―ない」〈洒・遊子方言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっちゃ

( 係助 )
〔「ほか」の転か。近世江戸語。「はっちゃあ」とも〕
(下に打ち消しの語を伴って)特定の事柄だけを取り上げて、それ以外のものをすべて否定する意を表す。ほか。しか。はか。 「あん中にしつた顔なやつは、たつた二人-ない/洒落本・遊子方言」 「たつた一冬はつちやあ着ねえものが、あれじやあたまらねえ/滑稽本・浮世風呂 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はっちゃ

〘感動〙
① 驚いた時や恐ろしい時に思わず発する声。多くは「こわい」を下接する。
※俳諧・鷹筑波(1638)二「夜打をみればはっちゃこはさよ 歳越に鬼のいやがる大豆いりて〈正好〉」
② 喜んだ時に発する声。
※浄瑠璃・信州姥捨山(1730)三「はっちゃ好い首尾儲けの命と、足に任せて其場を迯退き」

はっちゃ

〘副助〙 (副助詞「ほか」の変化した語か) 文中の連用語をうけた下に否定の語を伴って、一事に限定しそれ以外を否定する意を表わす。近世の会話文に見られる。しか。ほか。
洒落本・遊子方言(1770)発端「あん中にしった顔なやつは、たった二人はっちゃない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はっちゃの関連情報