コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はっちゃ ハッチャ

デジタル大辞泉の解説

はっちゃ[感]

[感]驚いたときや恐ろしいときに発する声。
「―、怖しと会釈もせず」〈浄・傾城酒呑童子〉

はっちゃ[副助]

[副助]《副助詞「ほか」の音変化か》あとに否定の表現を伴って、その語に「しか」「ほか」の意を添える語。
「あん中に知った顔なやつは、たった二人―ない」〈洒・遊子方言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっちゃ

( 係助 )
〔「ほか」の転か。近世江戸語。「はっちゃあ」とも〕
(下に打ち消しの語を伴って)特定の事柄だけを取り上げて、それ以外のものをすべて否定する意を表す。ほか。しか。はか。 「あん中にしつた顔なやつは、たつた二人-ない/洒落本・遊子方言」 「たつた一冬はつちやあ着ねえものが、あれじやあたまらねえ/滑稽本・浮世風呂 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

はっちゃの関連キーワード東野 英心ななちゃん宮寺智子木村葉月仲井征利浅井星光小島法子渡邊璃生生壁色朽葉色山中恒副助詞茶色梅鼠白茶茶鼠鼠色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はっちゃの関連情報