コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会釈 えしゃく

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

会釈

とは、軽い挨拶やお辞儀のことをいう。ビジネスマナーでは、3段階あるお辞儀の仕方のうち1番軽いお辞儀で、社内で上司や外部の方とすれ違うとき、入退出時、お客さまの前に出たり下がったりするときに用いる。角度は15度が目安とされ、頭だけでなく、背筋を伸ばして腰から上体を折り、前方に視線を落とすのが基本とされている。 なお、釈の語源は仏教用語の「和会通釈(わえつうしゃく)」といわれている。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あしらい〔あしらひ〕

応対すること。あつかい。もてなし。「ひどいあしらいを受けた」
組み合わせて趣を添えること。また、そのもの。取り合わせ。「あしらいにパセリを添える」
(「会釈」とも書く)芸能の型。また、手法。
㋐能で、相手役に向き直って応対する型。
㋑能の囃子(はやし)の一。
㋒狂言に奏する囃子。狂言アシライ。
㋓長唄で、間拍子(まびょうし)に合わせて、自由な形で即興演奏する手法。
連句の付合(つけあい)手法の一。前句の事物を取り入れた付け方。→七名八体(しちみょうはったい)

え‐しゃく〔ヱ‐〕【会釈】

[名](スル)《もと仏教語で、混乱した内容を、前後照合して意味が通じるようにする意の「和会(わえ)通釈」の略》
軽くあいさつや礼を交わすこと。また、そのあいさつや礼を示す所作。「会釈してすれ違う」「会釈を返す」
相手に心配りをすること。思いやり。斟酌(しんしゃく)。「遠慮会釈もなく割り込む」
「一国独立の為とあれば試みにも政府を倒すに―はあるまい」〈福沢福翁自伝
事情を納得して理解すること。趣旨をのみこむこと。
「之を尺度として、―もなく百般の著述を批評するをいうなり」〈逍遥・批評の標準〉
事情を説明したりすること。
「入道朝家を恨み奉る由聞こえしかども、静憲法印院宣の御使ひにて様々―申しければ」〈盛衰記・一二〉
(多く、あとに「こぼる」「こぼす」などを伴って用いる)打ち解けて愛敬のあること。また、その所作。
「―こぼして、御機嫌取りの追従顔」〈浄・振袖始〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えしゃく【会釈】

( 名 ) スル
〔もと仏教語〕
人に対する親しみ・好意・謝意などを表すための、軽く頭を下げたりするしぐさ。 「先客に軽く-して座に着く」
他人の気持ちを思いやること。斟酌しんしやく。 「遠慮-もない」 「何の-もなくふん縛つたり撲つたりするので/少年 潤一郎
〘仏〙 相矛盾したように思われる教説を突き合わせ、両立を可能とする深い理解を導き出すこと。会通えつう。和会わえ
会得すること。主旨を理解した上で、自分の解釈を示すこと。
礼儀にかなった応対。挨拶。 「盃のけうはい、当座の-、誠に大人しく見えければ/義経記 8
あれこれと事情を説明したりすること。 「様々-申しければ、事の外にくつろぎ給ひたり/盛衰記 12
他人に好意をもった動作や態度。愛嬌。多くあとに「こぼす」「こぼる」などを伴う。 「にこ〱ほや〱-こぼして/浄瑠璃・日本振袖始」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

会釈の関連キーワードお志賀の方(1)遇い・配い・会釈ベアトリーチェアイ(間)あらばこそ蹲踞・蹲居腰を屈めるブルータス七名八体アシライパバーヌ悪怯れるみしみし三平二満曲折の揖擽ったいはっちゃ辞宜合ひ面伏せ奥女中

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会釈の関連情報